インテリア風水の考え方はそもそもどうして生まれたのでしょうか?それを知るためには風水の事の起こりについて知らなくてはなりません。





風水インテリア術、風水による家相改善、あるいはインテリア風水術とは家の中の間取りの、あるいは室内の家具や花などの色や配置をマンションなどでも、風水の基本にしたがって整えることで家屋のその空間の運気をよくしようという方法です。
風水インテリアは古代中国の遺産である風水の考えに基づいてインテリア配置を考えるものです、といっても風水についてご存知でしょうか?風水から少し説明しましょう。
風水とは中国の数々の王朝の栄枯盛衰の歴史から、国家や都市の地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。
風水に従って、古代中国の王都は場所を定められました。しかし現代日本でそれが不可能なのは東京や大阪に限らずどこも同じです。
インテリア風水では、都市計画ではなくて家そのものを、あるいはマンションの部屋そのものを風水に当てはめる空間として考えて、よい運勢を家に招こうというものです。
西洋の考え方ではバイオリズムというのですが、人にはそれぞれ固有の運気という調子のよさの変動があります。インテリア風水はそれを整えてくれるのです。日常生活を送る上であなたの運気アップのためになくてはならないものであり、風水をインテリア配置に取り入れることによって運気UPにつながります。
風水の基本的な考え方である五行について説明します。世界はすべて五つの要素に分類されるという考え方で、インテリア風水を考える上で大事な知識です。
五行というのは万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類できるという考え方で、風水インテリアでも家具や装飾品をその概念に当てはめて分類することから始まります。
風水インテリアの五行にしたがって目に見える範囲の家具やカーテンなどを配置換えするのですが、それだけでなく、不用品の処分や配置も大事です。不用品を物置等にしまっておくだけでも気の流れが乱れたりもします。
風水インテリアの五行に従って配置された家具や絵画、花などはときにそれまでの雰囲気とあまりにも違うかもしれません。風水インテリアを忘れて元に戻したくなるかもしれませんが、ちょっとだけそれで暮らしてみませんか?
風水の元となる地形や方位の考え方でまず家の配置を把握し、風水インテリアの五行の考えに従ってインテリアを分類し、理屈はわからないけどまことしやかな法則に従っての家具や間取りの配置は実際、健康や気持ちの改善に効果的であることが知られています。
風水インテリアが心理状態に及ぼす効果も実は認められ始めています。心が前向きでよい状態を維持するのに最適な配置のようです。風水インテリアの効果を引き出すためにも、あなた自身が前向きでいてくださいね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆朝キウイダイエットにご興味ありますか?◆