アイビーが丈夫な植物だとはいっても、もちろん倉敷アイビースクエアにしても、アイビールックの元のアメリカ東海岸のプレッピースクールの校舎にしても、青山アイビーホールにしても、貼り付いたアイビーは直接自然にさらされているわけですから霜や直射日光で赤くなったり黄色くなったり。





観葉植物はさまざまなところで目にしますね。家の中だけでなく、職場や病院、人の集まるところには緑が置いてあります。
観葉植物の中でもアイビーやポトスなどは特に良く見かける観葉植物ですね。カポックやパキラ、サボテンなども観葉植物販売店では必ずと言っていいほど、良く見かけます。
観葉植物の存在に気づかない人の心にも、潜在意識に安らぎを与えてくれるそうです。
観葉植物の中でも、そうですね、ここでは、特に見かけることの多いアイビーを例にして、大事な心のパートナーである観葉植物の育て方、長持ちのさせ方そして人々とのかかわりについてみてみましょう。
アイビーはウコギ科の植物で、ヘデラとも呼ばれます。ヨーロッパ原産のつた系の植物で、その出自から想像できる通りに低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。
観葉植物アイビーは上述のようにほんとうに乾燥や低温に強いので、極端にすれば一年中外に放っておくこともできますが、それだと葉が赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。
アイビーの場合、水やりに関しては、アイビーを植えてある観葉植物用の鉢の土の表面が乾いたら水をかけてやる、程度でのいい加減な感覚でいいのですが、そのときはたっぷりかけても軽くでもかまいません。
アイビーを増やすには葉が2、3枚ついた枝を刺し芽してやればよいので、ときどきは剪定して増やしましょう。剪定も風通しがよくなるので虫がつきにくくなって一石二鳥です
観葉植物というだけでなく、アイビーは倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、愛らしい葉っぱがいろんな世代から愛されている観葉植物です。
そういった有名なアイビーつきの施設、つまり倉敷アイビースクエアなどではアイビーはもちろん建物の外を覆っていますし、春夏秋冬で霜や直射日光にやられて赤くなったり黄色くなったりします。
屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆二の腕 ダイエットがちょっと気になっています。◆