国連英検資格といえば特A級とA級の二つが光り輝いています。国連英検を国連英検たらしめている、権威付けている検定資格がこの二つのクラスだと思います。国連英検のこの二つのクラスに要求されるのは英語の高度な能力に加えて国際的な所持に関する知識もさることながら、英語だけではなくて国際的な教養やマナーといったものも含まれるのです。





国連英検とは、国際連合が実施している英語能力検定試験です。これは国連の理念である国際理解と国際協力の普及活動として設立されました。1981年の設立以来、地道に活動し、次第に受験者も増えて来ました。
国連英検は国際連合が手がける世界情勢や時事問題に着目しているため、国連英検で扱うトピックスは世界平和、環境問題、科学、文化、はてはスポーツなど国際的な問題すべてに広範囲から用いられています。
国連英検を受験するためには国連英検の問題で出てきそうな国際問題、国際紛争について政治、経済からスポーツに至るまで幅広く知識を増やしておくことが大切です。国連の仕事について知るためにはその対峙している国際問題も英語で取り扱うことになるので勢い、国際問題への理解が深まることになりますね。
国連英検で要求される英語能力は基本的には英語での意思疎通ですから、読む、書く、話す、聞くの普通どおりの能力ですね。これに作文能力や自己表現能力、英語で自分の意見を述べる能力を要求されるあたりが特徴となります。
国連英検について、なんだか怖気づきましたか?心配要りません。国連英検には様々なランクがあります。実際にはどのような検定ランク、資格があり、どのような英語検定試験が行われるかについて見てみましょう。国連英検にはジュニアテストもありますが、この記事では省かせていただきます。
国連英検の検定クラスがひとつしかなかったらとんでもなく難しい英語検定試験になりそうですが、実際の国連英検テストでは初心者レベルから国連職員レベルまで様々な段階に分けて設定されています。
国連英検のまず初心者モードで行くと、中学生レベル、高校2年生レベル、高校卒業して大学受験レベル、そういうクラスがE級、D級、C級です。国連英検の試練もここまではやさしい限りです。
国連英検のクラス分けの段階の中で、それほど直接には国連や国際活動に従事する目的ではない人が国際人としての教養として身につけたいレベル(という国連側の設定ですけど。)であれば国連英検B級でしょう。もちろん国連英検主催者側も一般の方に希望する英会話能力レベルはB級までだと思います。
国連英検資格といえば特A級とA級の二つが光り輝いています。国連英検を国連英検たらしめている、権威付けている検定資格がこの二つのクラスだと思います。国連英検のこの二つのクラスに要求されるのは英語の高度な能力に加えて国際的な所持に関する知識もさることながら、英語だけではなくて国際的な教養やマナーといったものも含まれるのです。
国連英検A級は当然ながら高い英語能力も要求されますが、国連の望むように、上で書いたように、国際問題を英語で議論したりまとめたりする広い視野と解決能力が必要です。国連英検A級では外国人と日常の身辺の出来事、時事問題などに関して、個人的に、また小グループで討議できる英会話力も必要になってきます。
国連英検の説明もいよいよ大詰めでございます。国連英検特A級は、難しいです。難しいです。むずかしいです(T_T)。英検1級なみの英語力はもちろん要求されるのですが、それだけではなくて、国際的に通用する文化や政治に関する幅広い知識・情報なども要求される点に特徴があります。国連英検特A級に認定されるにはつまり、さまざまな国籍の外国人と英語を介して意思の疎通をはかり、文化、経済等、多くの分野の問題を、英語で自由に討論できる能力があること、そして教養やマナーが要求されます。
国連英検試験には様々なランクがあることがわかってもらえたと思います。一般的なことで言えば、大学受験には国連英検C級、外国出張や滞在もありうる企業に勤めたいなら最低でも国連英検B級まではとっておけば何かと便利だと思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆半身浴 ダイエットにご興味ありますか?◆