ワンセグチューナーの接続方式でUSB以外では昔から有るPCカードスロットと、SDIOメモリーカードスロット対応のものが有ります。数は少ないのですが、USBはほかの用途で使うことも多いので、意外にカードタイプもお勧めです。





ワンセグチューナーは最近の秋葉原では目玉商品のひとつです。さまざまなメーカーからさまざまなワンセグチューナーが発売されています。
ワンセグチューナーと言いますが、どういうものなのかご存知ですか?ワンセグ放送自体の意味をご存じない方も多いのではないかと思います。
日本の地上デジタル放送方式では、1つのチャンネルが13の「セグメント」に分割されており、これをいくつか束ねて映像やデータ、音声などを送信しているのです。ハイビジョンには12セグメント、普通のテレビには4セグメント使います。
ワンセグチューナーでは、このうちひとつのセグメントを使って放送されるモバイルようの放送を受信することが出来るのです。1つのセグメントを使うと言うことでワンセグと呼ぶ事にしたのです。
ワンセグチューナーで受信できる移動体用の放送は通常地上デジタル波より要領がかなり小さいので、QVGA(320×240ピクセル)サイズの低解像度の映像の放送になります。これは逆に低スペックのマシンでも視聴できると言う利点が有るわけです。
ワンセグチューナーとして電気量販店や秋葉原の店頭で今人気の商品は、ワンセグチューナーがもともと付いていないちょっと古い規格のパソコンに、USBなどを介して装着できるテレビ放送用のチューナーです。
ワンセグチューナーはではどのようなワンセグチューナーがどのようなメーカーから出ているのでしょうか?ワンセグチューナーはどう選べばいいのでしょうか?ワンセグチューナーの選択方法に関してちょっとほんとに基本的なことだけですが、ここで見てみましょう。
ワンセグチューナーに限らず、パソコン用の増設機器はUSB型、PCカードスロット型が主ですね。ワンセグチューナーもUSB型が主流で、値段や形など様々なものが選べます。
ワンセグチューナーの中ではマイナーかもしれませんが、エルザのSDカード型など、カードスロット型のチューナーは装着時の出っ張りが少ない分、折れたり引っ掛けたりする危険が少ないので、モバイルで使用するにはお勧めです。
ワンセグチューナーの現在の売れ線であるUSB接続型ワンセグチューナーの中で何を選ぶべきかと言うと、そうですね、やはりバッファローの「ちょいテレ DH-ONE/U2P」という商品が火付け役でスタンダードですから今でも注目すべきです。この商品では外付けアンテナなど付属品が豊富で、iEPG(インターネットの電子番組表)を使った録画予約やデータ放送への対応など、機能面も充実しています。
ワンセグチューナーのチャンネル設定は手作業も有りますが、プリセットチャンネルのワンセグチューナーを選ぶのが簡単で便利です。移動するたびにその地域のプリセットを設定すればいいだけですから。
ワンセグチューナー選びで私がもっとも重視したのは付属のソフトウェアの操作性のよさでした。パソコン周辺機器専門機器メーカーでは老舗のアイ・オー・データやバッファローのワンセグチューナーに付属のソフトはアイコン表示が見やすくて日本語も選択できるものが有るので大変便利です。使いやすいかどうかはワンセグチューナーを使う頻度にそのままつながりますから、少し高くても扱いやすいワンセグチューナーを選んだ方が結局お得です。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット 停滞期についてご存知でしたか?◆