でも実際のところどの科でもっとも医療応用が最近活発かというと、美容整形分野がヒアルロン酸を多用しています。そうです、アンチエイジング手術として、ヒアルロン酸の皮下注入するのです。簡単で効果的なので人気が高いみたいですよ。





ヒアルロン酸はアンチエイジング化粧品の成分として深夜のテレビ情報や雑誌の宣伝でよくその名前を見かける物質ですが、あなたは具体的にどんなものなのかご存知ですか?
科学的なものの言い方をすると、ヒアルロン酸は脊椎動物の結合組織中に普遍的に存在する「生体高分子(複合糖質)」の一種です。
簡単に言い直しますと、身体のあちこちで大事な仕事をしている糖質の一種と言うことです。あちこちといっても多い少ないは部位で決まります。
人間の身体でヒアルロン酸がたくさん含まれているのは皮膚、関節液、眼球内です。鶏のとさかにもたくさん含まれています。なんかイメージ湧いてきましたか?
ヒアルロン酸はそれを大量に含む場所で、研究材料として適した牛の目の硝子体から1934年にアメリカのコロンビア大学で抽出されました。
ヒアルロン酸の名前はまさしく最初にそれを取り出した眼球から来ています。Hyaloidは硝子体で、Uronic acid(ウロン酸)は多糖体の構造単位です。
どういう機能かは知らなくても、ほんとにアンチエイジング化粧品のほとんどにヒアルロン酸と言う成分は表示されていますよね。ヒアルロン酸入りの健康食品や美容食品、医薬部外品の添加物も通販などでよく見かけます。
ヒアルロン酸でアンチエイジングという発想は、赤ちゃんの皮膚に多く含まれ、加齢とともに皮膚から減っていく成分の代表格がヒアルロン酸だから、それを補ってやれば、というわけです。
赤ちゃんの皮膚のようになれるならなんぼでも買います!(爆)というわけで、アンチエイジングに最適の成分としてヒアルロン酸は人気なのです。
ヒアルロン酸はまた、医薬品の主原料としても使われています。医薬品に使われる目的は保水力のみではなく、さまざまなヒアルロン酸の特性が活かされています。クッションとなる弾性が利用されます。
その弾性と保湿力、さらに生体高分子であると言う特性を利用して、幅広く使われているのは癒着防止剤や創傷治癒剤です。また、関節液の改善や、眼科手術の補助剤としても有名です。
でも実は、美容整形分野がヒアルロン酸を多用しています。そうです、アンチエイジング手術として、ヒアルロン酸の皮下注入するのです。簡単で効果的なので人気が高いみたいですよ。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット 食事がちょっと気になっています。◆