まず、薄毛の原因を考えてみると遺伝はもちろんですがストレスや頭皮のトラブルなど様々です。





育毛について考えたときに、まずは育毛剤が頭に浮かぶと思います。
育毛剤の働きとして主なものは、頭皮の余分な皮脂を抑制する、血行を促進する、毛母細胞に栄養分を与えるなどがあります。
では、すべての症状に効果のある育毛剤というのはあるのでしょうか?
そもそも、薄毛にはストレスや頭皮のトラブル、もちろん遺伝と様々な原因が考えられます。
と言うことは、育毛の方法も薄毛の原因によってひとつではないということなのです。
ですから、当然ながら育毛剤も自分の症状によって使い分ける必要があります。
実は、育毛を行ったからと言っても、今生えている髪の毛の寿命や、太さが変わるわけではありません。
その理由として、髪の毛が生えてくるときの頭皮の状態で、寿命や太さも決まってくるということがあります。
もちろん、今以上に寿命を短くしないためにも育毛をするというのは大切なことです。
頭皮を清潔に保ち、毛母細胞に栄養を与えることで、より太く丈夫な髪の毛が生えるようにすることが育毛剤の目的とも言えます。
忘れがちなことですが、育毛剤はあくまでも頭皮と毛髪へ働きかけるものですから、ストレスや健康状態がよくなるものではありません。
ということは、育毛の効果を高めるためにも、薄毛の原因になっている生活習慣を見直し、ストレスのない生活を送ることは欠かせないのです。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ブル中野 ダイエットのことがなんとなく気になりませんか?◆