マンション査定業者は大手が良いとも限りません。地元の業者ならではの情報網を持っている場合もあるからです。





マンション査定とは、マンションを売却する際にどれくらいの金額で売れるのかを査定してもらうことを言います。また、マンションを担保に融資を受ける際の融資額を決めるときにも必要になります。
マンション査定がなぜ必要なのかというと、所有者の希望する金額が実情にそぐわない場合も少なくないためです。
それでマンション査定業者に頼むわけですが、査定業者はマンションの現状や相場を考慮しながら、基準に沿った価格を提示してくれます。
マンション査定にはいくつかの方法があります。まず、取引事例比較法ですが、まず実際に売買されたマンション=事例マンションを探し、不動産近代化センターの「中古マンションの値付け法」マニュアルを参考にして価格を割り出します。
次に、原価法です。不動産近代化センターの査定マニュアルを参考にしながら査定が行なわれますが、中古マンションでは不利になる方法のため主に新しいマンションに用いられます。
そして、収益還元法です。これはマンションが将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の合計額から経費などを差し引いて経済価値を算定する方法です。
ここでマンション査定の際の注意点について考えて見ましょう。やはり大切なのは業者の選び方です。信頼できる業者を選ぶといっても実際に取引をしてみないとわかりにくいものです。
中には、マンションの販売権を独占するために高い査定額を提示する業者もいますから、高いと思ったらきちんと理由を説明してもらいましょう。
業者を選ぶ際には、インターネットなどで口コミを探してみると良いでしょう。大手だけではなく、地元の業者も地域密着型ならではの情報網を持っているものです。
マンション査定の際に気をつけることといえば、常識的なことですがお部屋をキチンと掃除して清潔にしておくことです。散らかっていてもある程度考慮はしてくれますが、やはりマイナスイメージになります。
マンション購入時のパンフレットは、マンションの魅力を最大限につたえるために最適なツールになります。手元に残っていたら、ぜひ活用しましょう。
マンション査定金額で売却するためにも売却情報が公開されたら、いつでも見学希望の依頼を受けられるように準備をしておくことがマンションを高く売却することです。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆産後 ダイエットについてご存知でしたか?◆