エッセンシャルオイルは、素材によって取り出し方も、その効率も大きく様変わりします。たとえばジャスミンなどの場合、大量の花びらからほんの少ししか取り出すことができません。





エッセンシャルオイル(精油)とは、アロマセラピーなどに用いる香りのエキスです。自然植物の花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などから取り出した天然成分で、その植物の香りが凝縮されています。
エッセンシャルオイルはさまざまな香りであり、さまざまな効果を持ちますので、アロマセラピストの手にかかり、正しく用いられると驚くべき効能を発揮します。
エッセンシャルオイルの取り出し方は素材が花びらなのか、果物なのか、樹皮なのかなどによってさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
そのため、ジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも大変高価なのです。しかしときには安価なジャスミンのエッセンシャルオイルを見かけることがありますが、気をつけなくてはなりません。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
実際にエッセンシャルオイルがどのような目的でどのような用途に用いられるのか、ジャスミンのエッセンシャルオイルを例にしてみて見ましょう。
ジャスミンの花はご覧になったことがありますか?低い潅木の枝に咲く白くて小さな可愛らしい花です。言葉の響きも優しいですよね。Jasminum officinale(J.grandiflorum)と言うのが正式名称で、アフリカ北部やイタリアが主な生産地ですが、原産地はヒマラヤ地方だということです。
現在世界中で主にアロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上あると言われています。アロマセラピストたちはこれをもちろんすべて記憶していて駆使するのですが、それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。
ジャスミンはやさしい女の子のような名前の響きとは裏腹に、けっこうはっきりした強い香りのグループで、しかも直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。
ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘く、エキゾチックなものですから、主に感情に作用し、疲れた心をあたたかく癒し、失いかけた自信を取り戻させてくれます。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルにはさらに、分娩を促進し、痛みを和らげる、ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆足やせ ダイエットのことがなんとなく気になりませんか?◆