入学時や満期時に戻ってくる貯蓄性を優先するのか、お父さんのもしものとき、お子さんのもしものときを優先するのか、その場合は父子のどちらを優先するのか?





郵便局の学資保険がこども保険(学資保険)の中ではもっとも有名だと思います。若い両親よりも年配の祖父母からの勧めもあり、郵便局の学資保険を子供が小さい頃から検討されるご夫婦も多いでしょう。
学資保険といえば郵便局の保険というイメージがありますが、実際には様々な保険会社が子供向けの保険を販売していて、それぞれに特徴があります。
こども保険の並み居るパッケージの中で、郵便局の学資保険がいいのか、アメリカンファミリー生命のこども保険がいいのか、それとも個人的にCMの女優さんが気になる住友生命がいいのか(笑)、どれにするか悩んでいませんか?そういう時にはですね、基本に戻ってこども保険に入る目的を考えてくださいね。
郵便局の学資保険のネームバリューで子供保険とは子供の学資をコツコツ貯蓄するものだというイメージができていますが、学資の貯蓄だけなら保険より預金がいいのは当たり前です。
子供保険の方が預金より優れている点は、病気や怪我、不幸にしてお父さんやお子さんがなくなったりした、そういったもしものときに必要なお金が支払ってもらえることですね。
学資保険というだけあって、高校進学や大学進学のお金のかかる時期にあわせて、郵便局の学資保険などの一部のこども保険では高校入学時や大学入学手当て一時金として積み立て額の一部が支払われたりします。
郵便局の学資保険にしろこども保険について概略はつかめましたでしょうか?郵便局学資保険にしろ生保会社こども保険にしろ、いずれも保険なのですから、他の金融商品、国債やファンドなどの高利回り商品と比較するという考えは捨てたほうがいいと思います。学資保険でお金を増やすことを望むのではなくて、それよりもこども保険に何を求めるかの選択が必要です。
郵便局の学資保険にしても民間保険会社のこども保険にしても利率や補償額、一時金支払いのプランは様々です。子供保険に貯蓄性を優先するなら保険や一時金の支払いは減らすべきですし、逆であればその分に支払いが増えますし、特約をつけたりもしますから満期の返還額は元金割れで当たり前です。
こども保険に貯蓄性を優先するのであれば、あなたが保険会社や郵便局に支払うお金の総額と、満期で支払われる保険金の総額を必ず確認してください。保険会社によってまったく違います。
貯蓄性を優先するといっても学資保険の金利は高くない上に固定金利ですから、元金がとんとんで戻ればOKぐらいに考えておくべきでしょう。
郵便局の学資保険や生命保険会社のこども保険においても、もしものときの入院保障や死亡見舞金は多いほうがいいと考えてしまいますが、お父さんの保険金の確認もしておいてください。そちらで十分カバーできる内容に特約で支払うのは馬鹿げています。
郵便局学資保険や様々な生命保険会社から出ている同様のこども保険はあくまでもこどものための生命保険であることを忘れないでください。生命保険会社は慈善事業ではありません。保険会社側が黒字であるためには、子供保険の貯蓄性は多少犠牲になります。その中でどれがいいのかは生命保険会社の資料を手に入れて比較するのが一番の早道です。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はダイエット 運動についてです。◆