また、開いた骨盤を締めるのため、下腹部にサポーターやガードルを巻きましょう。座るときも脚を組まずに、姿勢に気をつけます。





産後ダイエット、あなたはどのようにしているでしょうか?
出産を終えてしばらく経って、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みも様々。
妊娠中は、運動はもちろんのこと、体を動かすこと自体が制限されてしまいます。
そして、お腹が大きくなるので、体をねじったりもしにくくなるし、行動もゆっくりになります。
それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
しかも、骨盤が開いた状態になるので、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後は、「早く元の体型に戻したい!」とあせる気持ちはわかりますが、無理は禁物です。
体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
このような理由から、産後ダイエットでは基礎代謝を元に戻さずに摂取カロリーをカットするようなことは厳禁です。
授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。
産後は体の回復も考えて、2~3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆キュウイ ダイエットのことがなんとなく気になりませんか?◆