エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?





エッセンシャルオイルと言う言葉はご存知ですか?アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな植物から取り出した香りの成分のことです。
エッセンシャルオイルの持つ力は強力なものがあります。ヨーロッパでは古来は魔女の魔法薬でもあったアロマセラピーが、現代では医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。
エッセンシャルオイルの取り出し方は素材が花びらなのか、果物なのか、樹皮なのかなどによってさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
つまりジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量でも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
雑貨店など人工的に香り付けしたオイルがフレグランスオイル、アロマオイルなどの名前で売られていたりしますが、それらはエッセンシャルオイルではありません。
さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンの花はご覧になったことがありますか?低い潅木の枝に咲く白くて小さな可愛らしい花です。言葉の響きも優しいですよね。Jasminum officinale(J.grandiflorum)と言うのが正式名称で、アフリカ北部やイタリアが主な生産地ですが、原産地はヒマラヤ地方だということです。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてそのエッセンシャルオイルは用途だけでなく、もともとの精油の性質に応じて取り扱いの危険度による分類がなされます。
ジャスミンは名前の響きとは裏腹に、実はこれら100種類以上のエッセンシャルオイルの中でも、香りにしろ効能にしろ、使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは「香りの王」と呼ばれ、「香りの女王」と称されるローズエッセンシャルオイルと対比されます。甘くてエキゾチックな香りは沈静作用と高揚感発揚の二つの面を合わせもち、抗うつ治療にも使われるエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルには催淫効果と同じ仕組みで子宮収縮効果もありますので分娩時の陣痛促進にも用いられます。ところがこれは、妊娠中には早産の引き金になるのでよくないということになります。その辺、医療関係者以外のあなたはよく理解して使ってくださいね。妊娠中以外は素肌に直接つけたりしない限り、あまり気にしなくて言いようですけれども。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆足痩せ ダイエットのことがなんとなく気になりませんか?◆