制作スタッフは、シナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が担当するという、今回も変わらない布陣なので、きっと期待を裏切らないでしょう。





ドラゴンクエストファン待望のシリーズ9作目、「ドラゴンクエスト9~星空の守り人」がついに今年発売されます。
ドラゴンクエストというのは、日本で一番売れているロールプレイングゲーム(RPG)のことです。略してドラクエ。驚異的な売り上げからも国民的RPGといっても過言ではないでしょう。
ドラゴンクエスト9が外伝ではなく、本編として『IX』となっているからには、本編シリーズに共通するクオリティが期待できます。
最新作の「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は、ニンテンドーDS用として本編シリーズ初の携帯機向けの作品になります。
「ドラクエ9」はニンテンドーDSならではのワイヤレス通信機能を生かし、ひとつの世界をひとりだけではなく、本当の“仲間”といっしょに冒険する“ネットワーク体験”の醍醐味も実現することができるのが大きな特徴です。
ニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応予定で、4人でのオンラインプレイにも対応しますが、「本編」としてリリースされるだけにもちろん1人で遊んでも十分楽しめることができます。
今回も製作スタッフは堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏を筆頭にプロデューサーや製作会社のレベルファイブも前作と同じメンバーで製作されています。
ドラクエと言えば、あのテーマソングを外すことはできませんが、作曲のすぎやま氏は「音楽業界でゲームに一番強い男、ゲーム業界で音楽に一番強い男、というタイトルを頑張って守っていきたいと思います」と、更なる意気込みを語っています。
これまでは、モンスターに出くわすと戦闘シーンに入りましたが、ドラゴンクエスト9は上から見た視点でのアクションRPGでフィールドを歩いているスライムやばくだん岩にそのまま攻撃をすることができます。
タッチペンでターゲットとなる敵や仲間を選ぶことによって、ギガやパルプンテなどおなじみの呪文をかけることができます。
ネットワークを使えば、友人が画面上のキャラクターとして活躍してくれますが、そんな時に着替えをしてビジュアルを変えることで目立つこともできるようです。
ニンテンドーDS用になったことについて、ファンは「どこでも楽しめるようになってうれしい」という声もある反面、「やはり大画面でプレイしたい」という声も少なくないようです。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆太もも ダイエットについてご存知でしたか?◆