自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。





パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました。古くなったパソコンは当然ながらそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルというのは、平成15年(2003年)10月1日より施行された「資源有効利用促進法」に基づいてメーカーとユーザーが協力しあって、家庭のパソコンを再資源化するものです。
不用になったパソコンをより効率的に再資源化するために、自治体で行なっていた回収・処理をメーカーが行なうようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどは、パソコン3Rセンターが有償で回収をします。
パソコンが不要になったら、まずメーカーに回収申し込みをしましょう。メーカーから送られてくる「エコゆうパック」伝票をパソコンに添付して最寄の郵便局に持ち込むか自宅に集荷に来てもらいます。
郵便局で回収したパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解されて材質ごとに資源に生まれ変わります。
法人から廃棄される使用済みパソコンは、「資源有効利用促進法」の改定により、メーカーの義務として回収・再資源化することになりました。家庭用PCリサイクルとは異なる回収手順になります。
さて、パソコンのリサイクルでやはり心配になるのが、データの流出です。個人情報や顧客データなどは絶対に守らなければなりません。
ところが、データを消去するといっても、それほど簡単なことではありません。データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで初期化したりしてもデータが見えなくなっているだけなのです。
パソコンのデータを流出しないようにするには、有償の専門ソフトやサービスを使ったり、カナヅチや強い磁気で物理的に破壊したりする方法が有効です。
とは言え、実際には情報漏洩の心配はまずなさそうです。それは、PCリサイクルで回収されたパソコンは解体されてHDDを取り出し、専用の機械で破砕処理されているからです。
気になるパソコンリサイクルの料金ですが、PCリサイクルマークが貼られたものはメーカー負担でリサイクルできます。PCリサイクルマークは一度はがしてしまうと無効になるので気をつけてください。
PCリサイクルマークの無いパソコンの場合は、ユーザーの料金負担になりますが、支払い方法は各メーカーの所定の方法(郵便振替、銀行振込、クレジット、コンビニなど)で支払いをしてからの回収になります。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆二の腕 ダイエットにご興味ありますか?◆