ヒアルロン酸という成分は、かつては医薬品開発のために研究されましたが、最近では化粧品にも良く入っています。いったいどんなものなのでしょう?





ヒアルロン酸という成分は、ご存知ですか?かつては医薬品開発のために研究されましたが、最近ではアンチエイジング化粧品にも良く入っています。いったいどんなものなのでしょう?
教科書的な言い方をするとですね、ヒアルロン酸は私たちの結合組織中に多く含まれる生体高分子の一種、ということになるのです。
ちょっとちょっと、逃げないでください。簡単に言います。ヒアルロン酸は身体の中でクッションの役をする成分の一種です。これでいいですか?クッションですから、多い場所と少ない場所があります。
では、人間の身体でどんな部位にヒアルロン酸がたくさん含まれているかというと、加齢でしわのできる場所である皮膚、関節液、眼球内、赤ちゃんのへその緒です。鶏のとさかにもたくさん含まれています。なんかイメージ湧いてきましたか?
ヒアルロン酸の研究は1934年にアメリカでスタートしました。牛の眼球の中の成分である硝子体と言うものから分離されたのです。
多糖体の国際命名法により「Hyaluronan(ヒアルロナン)」と言う名前が正式ですが、ヒアルロン酸の名前はまさしく最初にそれを取り出した眼球から来ています。Hyaloidは硝子体で、Uronic acid(ウロン酸)は多糖体の構造単位です。
アンチエイジングが最近の化粧品のセールスポイントですが、化粧品に限らす、健康食品や美容食品、医薬部外品の添加物でアンチエイジングとヒアルロン酸は切っても切り離せない関係ですね。
年をとると皮膚にみずみずしさがなくなり、薄くなってしわが増えていきます。そういう皮膚をムチムチの赤ちゃんの皮膚と比べたときにがっくり減っているのがヒアルロン酸なのです。それを補充すればアンチエイジングってわけですね。
買います!この肌が赤ちゃんのように戻れるのならなんぼでも買います!(爆)というわけで、皮膚のアンチエイジングに最適の成分としてヒアルロン酸は人気なのです。
ヒアルロン酸は医療分野への開発応用も進んでいます。その特性は大変便利なものです。
関節機能改善剤、眼科手術補助剤など、もともとその成分を多く含む器官の機能補充や手術補助として使われますし、保水性、生体高分子である特徴などから癒着防止剤としても使われています。
とはいうものの、最近の美容整形ではやはり皮膚のアンチエイジングにヒアルロン酸の注入が行われています。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット 口コミのことがなんとなく気になりませんか?◆