ワンセグチューナーで受信できるワンセグ放送は通常デジタル放送の1/4、ハイビジョンデジタルの1/12のボリュームなわけですから、画質が落ちます。ですが、ワンセグ放送の用量が小さいからこそ、簡単に受信できるのでワンセグチューナーを装着した低スペックの古いパソコンでも滑らかな受信が期待できるわけです。





ワンセグチューナーは最近の秋葉原では目玉商品のひとつです。さまざまなメーカーからさまざまなワンセグチューナーが発売されています。
ワンセグチューナーと言いますが、どういうものなのかご存知ですか?ワンセグ放送自体の意味をご存じない方も多いのではないかと思います。
ワンセグチューナーが受信できるのは地上デジタルの一部です。普通のアナログ放送ではなくてデジタルテレビ放送、それも地上波がこのチューナーを追加するだけで視聴できるのです。日本の地上デジタル放送は情報送信を13セグメントに分けています。普通のテレビ番組は4セグメントを使って、ハイビジョンは12セグメントを使ってそれぞれの情報量に応じて放送されています。
地上波デジタルの13セグメントのうちのワンセグメントを携帯電話や移動体(モバイル)向け専用に使うのがワンセグ放送というわけで、2005年の9月に企画が決まり、2006年4月に放送開始しました。これをデジタル放送協会側で、ワンセグと名づけたのです。
ワンセグチューナーで受信できる移動体用の放送は通常地上デジタル波より要領がかなり小さいので、QVGA(320×240ピクセル)サイズの低解像度の映像の放送になります。これは逆に低スペックのマシンでも視聴できると言う利点が有るわけです。
ワンセグチューナーは地上波デジタルのモバイル用規格のワンセグ放送をワンセグチューナーのないパソコンで受信するために開発されました。基本的には型遅れや低スペックのパソコンに後付で、しかもUSBやカードスロットに刺すだけでセットできる物を指します。低解像度の放送なので低スペックのパソコンでも受信できるのが魅力です。
ワンセグチューナーはパソコン周辺機器で有名なバッファローやアイ・オー・データ、エルザ、ピクセラ、グリーンハウスなどいろいろ出ていますが、どのようにワンセグチューナーを選べばいいのか見てみましょう。
パソコン用のワンセグチューナーは、接続方法で3タイプに分けられますが、最も種類が多いのがUSB接続型です。USBメモリーほどの大きさで、文字通りUSB端子に取り付けて使うものです。
ワンセグチューナーのUSBのほかの接続型はカードスロットタイプでPCカードスロットへの挿入型のワンセグチューナーと最近開発されたSDカードの拡張規格であるSDIOメモリーカード規格のワンセグチューナーなどです。スロット内に差し込めるのでモバイルで使うのにはUSBワンセグチューナーよりも安心ですね。
ワンセグチューナーの人気を不動にしたのがバッファローの「ちょいテレ DH-ONE/U2P」というUSB接続型多機能ワンセグチューナーで、10000円を切る価格もワンセグチューナーの中では画期的でした。このバッファローのワンセグチューナーの機能などは今でも標準規格と言ってよいものです。
ワンセグチューナー選びのポイントの一つは、いかに受信するまで速やかにセットできるかですね。日本中を移動するあなたなら地域地域で受信局を変える必要がありますが、それがすでにセットされている地域別プリセット設定のあるワンセグチューナーが便利です。
ワンセグチューナーに付属しているソフトウェアもワンセグチューナー選びでは忘れてはならない大事なポイントです。個人的にはアイ・オー・データのソフトがお勧めですが、基本は理解しやすいこと、日本語での表示に対応しているところなどがポイントだと思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ヒップホップ ダイエットにご興味ありますか?◆