ユーザーがリサイクル料金を負担する場合(PCリサイクルマークが無いパソコン)は、 各メーカーの所定の方法(郵便振替、銀行振込、クレジット、コンビニなど)で支払いをしてから回収をしてもらいます。





パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?ノートパソコンだと早いものだと2年ほどで買い替えが必要になるものもあるといわれますが、そのペースでパソコンを廃棄していたら当然環境にも悪影響を与えます。
パソコンリサイクルは、2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」に基づいたもので、私達が使っているパソコンも捨てるのではなく、新しい資源として利用しようというものです。
不用パソコンの回収・処理は自治体が行なっていましたが、パソコンメーカーが行なうことにより効率的な再資源化ができるようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどはパソコン3R推進センターが回収をしていますが、ユーザーの費用負担になります。
PCリサイクルの仕組みですが、メーカーに申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られて来ます。その伝票を添付したパソコンを郵便局に持ち込むか戸口集荷をしてもらいます。
回収されたパソコンは再資源化センターに送られて、材質ごとに分けられて資源へと生まれ変わりますので、中古パソコンとして出回ることはありません。
「資源有効利用促進法」の改正により、事業系のパソコンもリサイクルが必要になりました。法人から廃棄される使用済みのパソコンはメーカーの義務として回収・再資源化されるようになっています。
パソコンのハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータは、PCリサイクルの際に流出しないように消去しておかなければなりません。
しかし、パソコン上でデータを削除してもデータ回復のソフトを使用すると、データを読み取ることができるのです。つまり、完全にデータが消えたわけではないということです。
データを消去するためには、有償の専門ソフトやサービスを使用してデータを消去するか、ハードディスクを取り出してカナヅチや強力な磁石でデータを物理的に破壊してしまうと読み取りができなくなります。
とはいえ、実際のところはリサイクルに出されたパソコンは解体され、ハードディスクも裁断されて素材ごとに分別されてしまうので、この時点で情報が漏洩する可能性はほとんどなくなります。
リサイクルに必要な経費については、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)は、ユーザーが購入時にリサイクル料金も含まれた価格で購入しているので、回収時の料金負担はありません。
ユーザーがリサイクル料金を負担する場合(PCリサイクルマークが無いパソコン)は、 各メーカーの所定の方法(郵便振替、銀行振込、クレジット、コンビニなど)で支払いをしてから回収をしてもらいます。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット カロリーがちょっと気になっています。◆