国連英検を受けるために国際問題や時事紛争、宗教問題や民族運動などを英語のニュースや英字新聞、英語のサイトニュースなどで勉強することはあなたにとって教養を深める大変よい機会です。





国連英検(国際連合公用語英語検定試験)は国際連合(the United Nations (略 UN))が実施している英検制度なのですが、財団法人日本英語検定協会の行う英検ほど有名ではありません。国連英検は知る人ぞ知るという感じなのですが、その権威はなかなか高いもので、国連英検が日本では1981年にスタートしたばかりの割には、国連英検資格は受験や就職の際の貴重な資格として認められています。
国連英検はあくまでも国連の視点から国連が望むように実施されますので、国連英検で扱われる題材は現実に最近の世界情勢や時事問題などに突っ込んだ話が多くなりますし、頻繁に出てくる英単語も普通のテストではそれほど多くないような用語、国際政治や紛争に関わる英単語が多いなど、英語の対象自体がやや偏ります。
国連英検を受験するために国際的な出来事を勉強することが国際連合の活動や役割を理解することにつながり、また国連英検受験のために新聞やニュースを通して国際連合の働きや世界に関心を持つ良いきっかけにもなります。
国連英検に求められる英語能力は日本英語検定協会のそれと基本的には同じなのですが、されに加えて状況判断や社会的常識に従った英会話や英作文能力、そして何より自分の考えを英語で理論手金のベルという能力が求められます。
国連英検についていろいろ大変なことを説明してきましたから、国連英検はなんだか難しそうに思えてきましたか?でもですね、国連英語検定といっても、英語のレベルに応じていろんな段階があるのです。国連英検にはジュニアテストという子供向けもあるのですが、一般向けの国連英検について少し説明しますね。
国連英検の検定クラスがひとつしかなかったらとんでもなく難しい英語検定試験になりそうですが、実際の国連英検テストでは初心者レベルから国連職員レベルまで様々な段階に分けて設定されています。
国連英検の最初のE級は中学生の英語ができていれば合格です。実際問題、中学レベルの英会話ができれば旅行や短期滞在は問題ありませんよね。その上のD級からC級へとあがると、高校2年生レベルと大学受験レベルといわれます。国連英検C級までは大学受験したことがあればスムースに受けられるでしょう。
国連英検のクラス分けの段階の中で、それほど直接には国連や国際活動に従事する目的ではない人が国際人としての教養として身につけたいレベル(という国連側の設定ですけど。)であれば国連英検B級でしょう。もちろん国連英検主催者側も一般の方に希望する英会話能力レベルはB級までだと思います。
国連英検の最後の二つは、ここだけは専門のスクールもあるぐらい、英検といっても特殊なものになります。英字新聞やニュースを見て理解して、それをまとめるためにはどうしたらいいか自分の頭で考える力、国際的な常識やマナーも要求されます。
国連英検A級は難しいのに受験する人の数はけっこう多いのです。それはなぜでしょう?正直、日本英語検定協会の英検1級よりも高いレベルの国連A級に通るには国際的な知識や紛争の簡単な処理能力が必要なので、そのまま外務省の国際公務員採用時(研修制度「アソシエート・エキスパート」の選考時)の英語資格に指定されていたりします。国連英検A級はあなたがもしも国際公務員になるなら必須なのです。
国連英検特A級になると、もはや英語検定というよりは国際連合職員や国際公務員として十分勤務できますよというお墨付きといってもよいようです。英語が英検1級を上回るのはもちろんのこと、様々な外国人とそれぞれの文化的背景などに気を配った上で対話できる、揉め事をまとめることができる、そういった能力が要求されます。
国連英検について長々と説明してきました。ここまで読んでくださってありがとうございます。このように国連英検試験には様々な英語力ランクがあることがわかってもらえたと思います。国連英検を受験する意味について、一般的なことで言えば、大学受験には国連英検C級をとっておくのが、外国出張や滞在もありうる企業に勤めたいなら最低でも国連英検B級まではとっておけば、あなたの人生にとって、何かと便利な資格なのだと思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆朝キウイダイエットにご興味ありますか?◆