「自宅にホームシアターを作って、自分の城にしたい」特に男性にとっては夢のひとつですね。





「いつかは自宅にホームシアターを持ちたい」そんな夢をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
ホームシアターというのは、その名の通り自宅に映画館を作ってしまうことです。
ホームシアターセットは、大画面のテレビやスクリーンで観るだけではありません。映画館の臨場感を出すには音響設備が大切になります。
映像機器をテレビにするかプロジェクターにするかということですが、画面の大きさと予算を考えるとスクリーン+プロジェクターの方が安く上がりますが、リビングに設置する場合は薄型テレビの方が手間もかからず通常の番組も見れるので一般的でしょう。
そして映画館の臨場感を出すのには、やはり音響セットがポイントになりますが、あの臨場感は音量の大きさだけではなく、画像に合わせて適正な場所から音を出すことで再現しています。
5.1chのシステムで使う6本のスピーカーは、それぞれBGMや効果音、映画のセリフ、音に囲まれる臨場感と爆発音などの超低音を担当します。
では、快適なホームシアターライフを送るのに注意点はどのようなことがあるでしょうか?
はじめに大画面テレビを使用する場合ですが、画面の明るさは液晶のほうが上です。リビングなど明るい環境で視聴するのであれば液晶テレビ、逆に寝室や薄暗い環境ならばプラズマテレビの方がおすすめです。
それから電源ですが、映像機材と音響機材、またはアナログ機材とデジタル機材によって扱う信号周波数が違うので、お互いの機器に影響を与えることがあります。そのような場合は、電源部は共通のものを使用せず、それぞれ分けた方が好ましいでしょう。
アンプやスピーカーがセットになった「ホームシアターセット」なら、価格も安く設定も簡単なので初心者にも最適です。
すでに購入する機種が決まっているのならネットショップで買うのも良いかも知れませんが、選ぶ際には必ず実際に視聴をしてから決めて欲しいので一度は専門店に足を運んでみてください。
最近はオンラインのDVDレンタルも増えていますので、より気軽に自宅で映画を楽しめるようになりましたね。ホームシアターセットを手に入れたら、ぜひ試してみてください。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット グラフにご興味ありますか?◆