パソコンリサイクルにかかる料金ですが、PCリサイクルマークが貼られたパソコンの場合は、メーカーがリサイクル料金を負担することになっています。PCリサイクルマークは平成15年10月以降に販売されたパソコンに貼られています。





パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンも使用しているうちに機械的な故障やOSが古くなったことにより、買い換えが必要になります。
パソコンリサイクルというのは、平成15年(2003年)10月1日より施行された「資源有効利用促進法」に基づいてメーカーとユーザーが協力しあって、家庭のパソコンを再資源化するものです。
自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。
パソコンリサイクルをする場合には、はじめにメーカーに申し込みをします。パソコンメーカーから「エコゆうパック」伝票が送られてくるので、それを添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷を頼みます。
郵便局で回収したパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解されて材質ごとに資源に生まれ変わります。
事業系のパソコンもリサイクルが必要です。「資源有効利用促進法」の改正により法人から廃棄される使用済パソコンの回収・再資源化がメーカーの義務となりました。
パソコンはハードディスクに個人情報などの重要なデータが記録されていますから、PCリサイクルをする場合にはこの情報が流出しないようにしなければなりません。
ただし、データを削除したりパソコンを初期化したりしたとしても、データが完全に消えたわけではありませんから、特殊なソフトを使うとデータは回復できることが多いのです。
データ消去用のソフトウェアは、ハードディスク上のOSに依存しないため、OSやファイルが壊れて起動できなくなったとしてもデータの消去が可能です。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
では、パソコンリサイクルの料金はどのようになっているのでしょう?平成15年10月以降に販売されたパソコンにはPCリサイクルマークが貼られています。この場合はメーカーがリサイクル料金を負担します。
購入者がリサイクル料金の負担をする際(PCリサイクルマークが無いパソコン)は、製造メーカーがある場合は3,150円、自作パソコンやすでに無くなったメーカーの場合は4,200円になります。また、液晶よりもブラウン管型のディスプレーの方が高くつきます。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆キウイダイエットのことがなんとなく気になりませんか?◆