授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。





産後と切り離せないのがダイエットですね。
出産後しばらく経つのに、お腹が出たのが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。
また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。
それでは、どうしても筋肉の量が落ちてしまいますし、基礎代謝が下がるためにカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
それに、骨盤も一時的に開いた状態なので、下腹部が出て、お尻も大きくなる原因にもなります。
産後は、元の体型に早く戻したい気持ちはわかりますが、決して無理なダイエットをしてはいけません。
基礎代謝を低下させて、さらに太りやすくなったり、体調をくずしてしまったりします。
ですから、産後ダイエットでは、摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻すようにしなければなりません。
はじめに食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。
それから、開いた骨盤を締めるためにコルセットやサポーターをつけましょう。ウエストをきつく締めるのではなく、骨盤の上に巻くような感じがいいと思います。
産後ダイエットは、体の回復も考えて2~3ヶ月してから体重が落ち始めるペースで行うとよいでしょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ふくらはぎ ダイエットがちょっと気になっています。◆