国連英検を日本で受験するためには、何かとハンディがついてまわります。日本人は国際問題に関心がなさ過ぎますから。海外の英語のブログやニュースサイト、英字新聞などに目を通す努力は必要です。でも、国際問題を理解するために日本語の新聞の国際面も読むことは、自然と教養を深めてくれます。・・・それはまさしく国連の思うつぼですけどね。(笑)





国連英検は財団法人日本英語検定協会の行う英検ほど有名ではありませんが、その権威はなかなか高いもので、国連英検が1981年にスタートしたばかりの割には受験や就職の際の貴重な資格として認められています。
国連英検は国連の視点から実施されますので、国連英検で扱われる題材は世界情勢や時事問題などが多くなりますし、単語も普通のテストではそれほど多くない国際政治や紛争に関わる英単語が多いなど、やや偏ります。
国連英検を受験するためには勢い、海外のブログやニュースサイト、英字新聞などに目を通し、理解するために日本語の新聞の国際面を読むので自然と教養が深まります。国連の思うつぼですね。(笑)
国連英検で要求される英語能力は基本的には英語での意思疎通ですから、読む、書く、話す、聞くの普通どおりの能力ですね。これに作文能力や自己表現能力、英語で自分の意見を述べる能力を要求されるあたりが特徴となります。
国連英検のことをいろいろ読んでみたら怖くなったかもしれませんが、国連英検には英語能力や知識に応じて様々な検定ランクがあります。国連英検ならではの企画として、子供向けの国連英検ジュニアテストもあるので、それぞれ自分の年来や能力を考えて受験しましょう。
国連英検では基本的には他の英語検定試験と同様に「英語能力に応じた」クラス分けがなされています。一番難しい特A級から一番簡単なE級まで、6クラスの分類となります。
国連英検の中で最初のステップ、中学生レベルの英語の総合力を要求するのが国連英検E級です。国連英検の第2段階のD級が高校2年生レベルで、その上の国連英検C級は高卒、大学受験レベルになります。ここまでだと比較的楽に受験できます。
国連英検の次の段階のB級というのが一般の方が目指すべきレベルだと思います。企業の中にはこの検定合格を認めているところもあるぐらいで、英語で日常生活の諸問題を解決できるレベルということです。国際紛争までは解決しなくていいみたいです、B級なら。
国連英検資格といえば特A級とA級の二つが光り輝いています。国連英検を国連英検たらしめている、権威付けている検定資格がこの二つのクラスだと思います。国連英検のこの二つのクラスに要求されるのは英語の高度な能力に加えて国際的な所持に関する知識もさることながら、英語だけではなくて国際的な教養やマナーといったものも含まれるのです。
国連英検A級は難しいのに受験する人の数はけっこう多いのです。それはなぜでしょう?正直、日本英語検定協会の英検1級よりも高いレベルの国連A級に通るには国際的な知識や紛争の簡単な処理能力が必要なので、そのまま外務省の国際公務員採用時(研修制度「アソシエート・エキスパート」の選考時)の英語資格に指定されていたりします。国連英検A級はあなたがもしも国際公務員になるなら必須なのです。
国連英検の最高峰である特A級になると、簡単には通りません。種々の状況に対応できる英語力ばかりでなく、国際的に通用する知識・情報さらには国際人としての教養やマナーなども要求される点に特徴があります。  
国連英検試験には様々なランクがあることがわかってもらえたと思います。一般的なことで言えば、大学受験には国連英検C級、外国出張や滞在もありうる企業に勤めたいなら最低でも国連英検B級まではとっておけば何かと便利だと思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はヒルズダイエットについてです。◆