毎日便通があっても苦痛や残便感など不快感を伴う場合、「便秘」とみなされ、逆に2~3日に一回の排便でも、それがその人にとって規則的なもので気持ちよく出るのなら便秘とはいいません。





便秘とは、一般的に排便の回数が減ったり、一度の排便の量が減ったりして排出物が長時間にわたって腸にとどまる状態をいいます。当然、体にも精神的にもよくありませんから、正しい便秘解消法で早めに対処をしましょう。
毎日便通があっても苦痛や残便感など不快感を伴う場合、「便秘」とみなされ、逆に2~3日に一回の排便でも、それがその人にとって規則的なもので気持ちよく出るのなら便秘とはいいません。
一概に便秘と言っても、その原因は様々です。便秘を解消するには、まず原因をはっきりさせることが大切です。
腹筋が弱くなると、排便のときにお腹に力が入りにくくなりますから、力を入れて腸を押すことができなくなり、排便がしにくくなります。
便秘は薬の副作用でなることもあります。生活習慣や食生活を改善しても、便秘が解消されない場合は医者に相談をしてみてください。
便秘を解消したいからといって、浣腸などに頼ってばかりいるのは危険です。ただでさえ鈍い腸の働きがますます低下して排便がさらに困難になってしまいます。
また、妊娠中の女性は運動不足になりやすいので、便秘になる可能性も高くなりますが、あまり強い便秘薬を飲んで下痢などを起こすとその刺激で子宮の収縮が起こり、早産や流産の可能性も出てくるそうです。
一時的な便秘解消ではなく、体質を改善して完全に便秘の体質を改善するのなら少々時間がかかりますが、便秘を繰り返さないためにもしっかりと取り組みたいところです。
便秘解消法として、最も便意のおきやすい朝に簡単な便秘体操をするのがお勧めです。おなかに刺激が加わるので、腸のぜん動運動を活発にさせ、便意をもよおし便秘を解消させます。
あまり知られていませんが、便秘解消にはコーラやサイダーなどの炭酸飲料が効果的だとも言われています。炭酸ガスは胃を刺激するので、腸の蠕動運動を活発にしてくれるのです。
便秘はストレスが原因の場合もありますが、逆に便秘を気にしすぎることもストレスになるので、気長に構える気持ちの余裕も必要でしょう。
最近、日本人で大腸がんにかかる人が増えています。これは、便秘で悩む人が増えてきたことと無関係ではないと考えられているので、たかが便秘と軽く見ずに1日も早く便秘体質を改善することが大切です。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はデトックス ダイエット ウェルネスショッピングについてです。◆