ジャスミンはやさしい女の子のような名前の響きとは裏腹に、けっこうはっきりした強い香りのグループで、しかも直接肌につけるとアレルギーを起こしやすいなど、取り扱い注意のエッセンシャルオイルなのです。





エッセンシャルオイルは、工業用、アロマセラピー用などがありますが、さまざまな薬草や花の葉、花、果皮、樹皮、種子などから取り出した香りの成分です。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、薬に匹敵する効果を持ちます。ヨーロッパでは医療資格の一部でもあるアロマセラピストによるアロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの取り出し方のうち、ジャスミンのように花びらから取り出すエッセンシャルオイルの場合はたくさんのジャスミンの花びらからほんの少ししか取り出せません。
ですから、花びらからちょっとしか取れない本来はジャスミンのエッセンシャルオイルは貴重で高価なものになります。安価なものを見かけても注意してくださいね。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンは北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは~♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。
やさしい響きでフローラル系のジャスミンですが、アレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。
ジャスミンエッセンシャルオイルは「香りの王」と呼ばれ、「香りの女王」と称されるローズエッセンシャルオイルと対比されます。甘くてエキゾチックな香りは沈静作用と高揚感発揚の二つの面を合わせもち、抗うつ治療にも使われるエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は、と言うか予想通りかもしれませんが、催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルの生殖器に働く媚薬効果は、実は子宮の収縮を促進してくれるものなので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ヒルズダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆