ネイルスカルプチャーのほとんどいい点ばかり書いてしまいましたが、ネイルスカルプチャーにも当然ながら欠点はあります。最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとアクリルネイルスカルプチャーにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、けっこう高くつくということです。





ネイルスカルプチャーとは付け爪の一種で、フォームと呼ばれるシール状の土台を爪に装着し、そのフォームを使ってその上に付け爪を造型していく技法を意味します。
おおまかにはアクリル重合によって硬くて長いつめが作れるアクリルスカルプチャーと、ジェルを塗ってから紫外線で固めるジェルスカルプチャー、このようにネイルスカルプチャーを分類することができます。カルジェルというのは新素材のジェルネイルスカルプチャーのことです。
ネイルスカルプチャーは付け爪の中では一番新しい種類になります。付け爪でもっとも単純なのはプラスチックの付け爪を両面テープで貼るだけのネイルチップです。
とは言うものの、ネイルスカルプチャーはネイルチップに比べれば自然で美しいフォームを作り出すことができます。ネイルスカルプチャーのほうがその華麗な美しさでは断然上です。
ネイルチップはでも、ちょっと物に指先が触れただけで簡単に取れてしまうことがあること、そして形が決まっているので爪のカーブが強い人や個性的な形の人には向きません。
あなたの爪はどんな形をしていますか?上に述べたようにネイルチップは万人向けなので平均的な形の人にはいいのですが、あなたの爪が小さかったり、カーブがきつかったりするならネイルスカルプチャーのほうが綺麗だし、何より安全です。でも、欠点もあります。
ネイルスカルプチャーは装着後2~3週間で地爪が伸びてきた時に、根元に境目が出来たり、スカルプチャーが浮いたり、欠けたりしますので、 定期的なメンテナンスが必要になります。とるときにも削るか溶かすかなのでまた費用がかかります。
ネイルスカルプチャーの費用を安く上げようと思えば、ネイルスカルプチャー用のキットを買ってきて自宅で造ることはできます。ネイルスカルプチャー作成過程を楽しめる人ならいいでしょうね。でも、不器用で時間のないひとはネイリストのいるネイルサロンでやってもらった方が安全です。
ネイルスカルプチャーのお手入れのためにも自宅用のネイルスカルプチャーケアキット購入は考えておいていいかもしれませんね。だってまめにお手入れしないとカビが生えることがあるのですから。ネイルスカルプチャーをそのときにあわてて剥がすにも薬剤で溶かすから、費用も地爪へのダメージも大きくなります。
ネイルスカルプチャーのそういう欠点を割り引いてもネイルスカルプチャーは美しさの点で圧倒的にお勧めです。では、ネイルスカルプチャーの中での選択ですが、ジェルとアクリルはどちらが良いのでしょうか?ジェルのネイルスカルプチャーの方が柔らかくて、塗るだけなので自宅でも作製しやすいです。また、柔らかい分、折った時のダメージは少なめです。
最近ネイルサロンでネイルスカルプチャーといえばアクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作るネイルスカルプチャーです。アクリルネイル作成のときはジェルネイルと異なり、ある程度の時間で、アクリルが硬化してしまうため、形を作るのにはタイムリミットがありますが、ジェルネイルよりも丈夫で長い爪が作りやすいです。
最近ではジェルネイルスカルプチャーとアクリルネイルスカルプチャーのいいとこ取りのカルジェルなんていうのも人気です。どれにしてもネイルスカルプチャーを選ぶときには、あなたの生活状況やお仕事に応じて、指先のケアをよく考えて選んでくださいね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆炭水化物 ダイエットについてご存知でしたか?◆