ホームシアターセットでは、映像はスクリーン・プロジェクター・テレビ等の機器によりディスプレイされ、音響のスピーカーシステム(アンプ・スピーカー等)と組み合わせて、映画館の臨場感を再現するのです。





「いつかは自宅にホームシアターを持ちたい」そんな夢をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
ホームシアターというのは、名前の通り自宅に映画館を作ってしまうものですが、ホームシアターセットを設置すれば簡単に映画館の迫力を再現できてしまいます。
ホームシアターセットは大画面で映像を楽しむだけでなく、ドルビーデジタル5.1以上に対応した音響設備を使うことで、映画館でしか楽しめなかった前後左右から飛んでくる迫力ある音を楽しめます。
映像機器をテレビとプロジェクターのどちらにするかは迷うところです。単純に画面の大きさと予算を考えるとスクリーン+プロジェクターの方が安く上がりますが、リビングに設置する場合は薄型テレビの方が違和感が無いかもしれません。
ホームシアターのサウンドシステムは、DVDセンターからの音声信号をAVセンターで増幅し、チャンネル別に配置されたスピーカーでそれぞれのサウンドを再生します。
『5.1ch』というのは簡単に言うと5つのスピーカー(5)と1つのサブウーハー( .1)で構成されるサラウンド方式のことで、前後左右から音声が出るので、非常に臨場感があります。
楽しさが広がるホームシアターですが、システムを使うのに気をつけなければならない点もいくつかあります。
はじめにプロジェクターを使用する場合ですが、 視聴エリアの広さで選ぶなら断然天吊りが優れています。本体の真下でも前でも遮るものがないので、プロジェクターの存在すら意識しなくてもすみます。ただ、設置や調整には手間がかかりますね。
それから AVセンターは、アンプやプロセッサーなどから相当な熱を発生します。万一、他のAV機器と積み重ねて設置すると、熱によるノイズの発生で他の機器に影響を与えかねません。必ずラックを使用してそれぞれの機器を設置しましょう。
アンプやスピーカーがセットになった「ホームシアターセット」なら、価格も安く設定も簡単なので初心者にも最適です。
購入する場合は、ホームシアターに詳しい店員がいるお店でアドバイスをもらいながら選びましょう。中古と言う手もありますが、AV機器は次々と新機能が追加されますからしっかりと調べてからの方が良いです。
ホームシアターもずいぶん一般的になってきて、入門セットからこだわりの高級セットまで、色々な組み合わせが選べるようになりました。楽しみ方や予算に合わせて、あなたにぴったりのホームシアターセットを選んでみてはいかがでしょうか。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆置き換え ダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆