インプラントは、その材質や治療方法にさまざまな改良が加えられて来ましたが、最近ではチタン製のインプラントを用いることが多くなっています。





インプラントとひと口に言っても実は様々なシステムがあり、それに基づく理論や特性、治療法、安全性はそれぞれ異なります。
歯が抜けてしまうと、これまでは入れ歯にするか、健全な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。
インプラントを用いて治療を行う場合は、ブリッジと違って失った部位の骨を利用して治療が行われるため、両隣の歯を削ったりする必要がありません。
インプラントは入れ歯のように、ぐらつき、がたつき、外れるという心配もなく、何よりも取り外す必要がありませんので着脱の煩わしさがありません。
入れ歯の場合は、入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音しづらくなる場合がありますが、インプラントなら発音には全く影響を与えません。
また、インプラントが顎の骨に力を加えるため、顎の骨が痩せるのを防ぐといわれています。
インプラントのデメリットは、なんと言っても外科手術をしなくてはならないということですが、手術である以上は、ある程度のリスクは伴います。
また、インプラントには触覚や圧覚を感知する歯根膜という機能は付いていないため、知らずに強く噛みすぎてしまうことがあります。
インプラントが歯槽骨と結合する期間だけでも上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月と、他の治療と比べると長期の治療期間が必要になります。
インプラント治療の金額だけを聞くと「高い」と感じるかもしれませんが、インプラントは半永久的に使用できるものであり、噛み心地のよさや審美性も他の治療法とは比較になりません。
インプラント治療というのは、治療行為の総称で、現在日本国内で流通しているインプラントは30種類~40種類とも言われています。
治療を受ける歯科医を選ぶ際には、インプラント治療の経験が豊富な医師がいる医院を選びましょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆背中 ダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆