オーディションの期日などが特に決まっているわけではありません。事務所にまずは履歴書を送り、書類選考に通ったら選考会の通知が来るそうです。





ジャニーズ事務所といえば、今や男性アイドルの事務所としては向かうところ敵なしのトッププロダクションです。SMAP・TOKIO・KinKi Kids・V6・嵐・KATTUN等、すごい面々ですよね。
ジャニーズ事務所は設立当初は名前がない「ジャニーズ」だけが所属する事務所だったので、こう呼ばれるようになったそうです。
芸能プロダクションには『バーニングプロダクション』『ホリプロ』『渡辺プロダクション』『田辺エージェンシー』『エイベックス』などの業界大手の老舗プロダクションがありますが、それらよりもひょっとしたら知名度は今や上かもしれませんね。お笑いの帝王、『吉本興業』にだけは負けますが。
このジャニーズ事務所は未来のアイドルを目指すアイドル予備軍を研究生、ジャニーズJr.(ジュニア)として育成しています。
ジャニーズジュニアのスケジュールは決まっていて、毎週日曜日の午後にレッスン(ダンスがメイン)を行います。でも、随時ドラマや映画などのオーディションを受けることができます。
このジャニーズジュニアのレッスンは毎週日曜日に行われているにもかかわらず、すべて無料だし、オーディションに通っても原則として参加は本人の意思次第です。ずいぶん鷹揚なシステムですね。
ジャニーズはミュージカルのバックダンサーなどのダンスがメインの事務所なのです。だから、ジャニーズジュニアでのレッスンはダンスが本業なのですが、次第に演技などにも移り変わりつつあるそうです。楽しみですね。
ジャニー喜多川代表に認められていきなり大抜擢がありうるのがジャニーズジュニアの大きな魅力ですね。シンデレラデビュー、と言う言葉は男性アイドルには変かも知れませんが。
ジャニーズジュニアの中でもジャニー喜多川に直接認められたものは、すぐにでもタレントの住む「合宿所」に呼ばれ、デビューまでが約束されることになります。
なんだかすごい話ですよね、つまり、ジャニーズジュニアに入ることができれば、男性アイドルへの登竜門が開かれたも同然です。では、どうすれば入れるのでしょうか?
オーディションの期日などが特に決まっているわけではありません。事務所にまずは履歴書を送り、書類選考に通ったら選考会の通知が来るそうです。
履歴書では主に容姿で選ばれるようですが、ダンス経験なども誇れるものがあれば評価はあるでしょう。そして選考会では礼儀や社会常識も大事な基準のようです。社会人としてのデビューですから当然でしょうね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はもやし ダイエットについてです。◆