始めはプロジェクターを使用する場合です。プロジェクターは、スクリーンの真正面に設置するのが基本。また、スクリーンとプロジェクターの距離は、プロジェクターの焦点距離によって自動的に決まります。





ホームシアターも以前に比べるとずいぶん手軽に作れるようになりました。
ホームシアターセットを手に入れれば、映画やコンサートの感動をプライベートな空間で再現できるのです。
ホームシアターセットは大画面で映像を楽しむだけでなく、ドルビーデジタル5.1以上に対応した音響設備を使うことで、映画館でしか楽しめなかった前後左右から飛んでくる迫力ある音を楽しめます。
映像機器をテレビにするかプロジェクターにするかということですが、ホームシアター専用の部屋を作るのでなければ設置や部屋の明るさを考えると薄型のテレビの方が現実的かもしれません。
そして、音響セットはサラウンドシステムを採用し、視聴者を取り囲むように音を出してリアルさや迫力を演出するわけですが、それを実現させるのが5.1ch以上の音響セットです。
スピーカーは左右のスピーカーがBGMや効果音、センタースピーカーから映画のセリフ、サラウンドスピーカーは音に囲まれる臨場感を担当し、サブウーファーは爆発音などの超低音を再生します。
それでは、ホームシアターセットを買うのにあたっての注意点も考えてみたいと思います。
大画面テレビを使用する場合は ディスプレイの大きさも大きくすればよいというのではなく、部屋の大きさに適した「画面サイズ」を選ぶのが大切です。大画面TVの場合は、視聴者のテレビまでの距離の2~3分の1の画面サイズです。
それから電源ですが、アンプの背面やビデオの背面にあるサービス用電源連動コンセントは便利ですが、アンプに対して接続した機器が悪さをしたり、またその逆にアンプが接続機器の信号に影響を与えたりするので出来るだけ使わないようにしましょう。
同じ予算で、より大きな画面を手に入れるのなら大画面テレビよりもプロジェクター&スクリーンの方がインチサイズで比較すると格安になっています。
購入する場合は、ホームシアターに詳しい店員がいるお店でアドバイスをもらいながら選びましょう。中古と言う手もありますが、AV機器は次々と新機能が追加されますからしっかりと調べてからの方が良いです。
最近はゲームでも5.1ch対応のソフトが増えています。サラウンドで迫力のあるゲームを楽しめるのもホームシアターセットならではですね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆バナナダイエットにご興味ありますか?◆