平たく言うと、私たちのからだの中のさまざまなところに存在している糖でできた物質ということです。しかし、その濃度は部位によって異なります。





ヒアルロン酸はアンチエイジング化粧品の成分として深夜のテレビ情報や雑誌の宣伝でよくその名前を見かける物質ですが、あなたは具体的にどんなものなのかご存知ですか?
ややこしいと言うか教科書的な言い方をすると、ヒアルロン酸は私たちの結合組織中に多く含まれる生体高分子の一種です。
ちょっとちょっと、逃げないでください。(^^;)そうですね、もっと簡単に言います。ヒアルロン酸は身体の中でクッションの役をする、糖質でできた成分の一種です。これでいいですか?クッションですから、多い場所と少ない場所があります。
ヒアルロン酸が多い部位はどこだと思いますか?それは、人間で言えば関節、眼球、皮膚、そして赤ちゃんのへその緒などです。プルプルした弾力が求められる場所です。鶏のとさかにも多いそうで、うなずけますね。
米国コロンビア大学教授のMeyerらによってヒアルロン酸は1934年に牛の目の硝子体と言う部分から分離されたのが最初の報告です。1970年代から日本の生化学工業が盛んに研究しています。
牛の目のHyaloid(硝子体)からとった多糖体ということで、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)をつけてこの名前になりました。
いろいろ書きましたが、別にヒアルロン酸がどういう機能かは知らなくても、ほんとにアンチエイジング化粧品のほとんどにヒアルロン酸と言う成分は表示されていますよね。もちろんヒアルロン酸入りの健康食品や美容食品、医薬部外品の添加物も通販などでよく見かけます。
ヒアルロン酸でアンチエイジングという発想は、赤ちゃんの皮膚に多く含まれ、加齢とともに皮膚から減っていく成分の代表格がヒアルロン酸だから、それを補ってやれば、というわけです。
そういう理由でヒアルロン酸は皮膚の保湿や弾力性を補う化粧品の成分としてもてはやされているわけです。
ヒアルロン酸は美容以外には、やはり医療分野への開発応用がもっとも進んでいるのです。その保湿力や弾力性といった特性は大変便利なものです。
関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤などには純度の高い高価なヒアルロン酸が使用されています。他にも癒着防止剤、創傷治癒剤などとしても応用されています。
医療と言えば、美容整形でも使われています。・・・やはりアンチエイジングですね(笑)。ヒアルロン酸は保水力と弾力を維持できるので、皮膚注入でしわとりができるのです。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はems ダイエットについてです。◆