風水インテリアでは四季の変化に応じて家具の配置を換えますが、これは四季それぞれの温度や風向きを考えてあります。風水を気にして家の中を考えることで、つまりカビやダニが発生しにくくなり、呼吸器の病気やアレルギーも起こりにくく、物も腐りにくくなるのです。また、的確な色の配置が住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。





風水インテリア?何でしょう?風水が運勢を握る、風水が健康を決める、風水インテリアの配置ひとつでお金もちになれる、そういう話は聞いても、どうして風水インテリアの考え方が重要なのかわかりませんよね。
風水インテリアは風水術にしたがって家具や間取りの配置を工夫することでよい運勢を作り出すものですが、そもそも風水とは何でしょうか?
風水とは中国の数々の王朝の栄枯盛衰の歴史から、国家や都市の地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。
都市計画、それも王と都建設のために考え出された風水術ですが、そのままでは現代の生活に応用できません。
風水インテリアは狭い現代都市、香港や日本で暮らす人々の運気を、家や部屋単位で何とか改善しようという風水術の現代への応用方法なのです。
運気という言葉はご存知ですか?人にはそれぞれ生年月日や生まれた場所などで運気というものが定められるといわれます。風水インテリアでは生活空間である室内や家屋内の運気を風水に基づいて整えることで、さまざまな影響をその空間の人に及ぼして、個人の固有の運気もよくしようという考え方です。
風水の基本は五行です。世界のすべてを五つの要素に分類し各々の相互関係で成り立っているという考え方この考え方がインテリア風水を語る上では無くてはならない物の1つです。
五行というのは万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類できるという考え方で、風水インテリアでも家具や装飾品をその概念に当てはめて分類することから始まります。
風水インテリアでは五行に従った家具の把握が重要です。それぞれの家具の置き場所やどういった家具がどの間取りに適しているのか、家具それぞれの運気についても学んでおく必要があります。風水は全てのバランスが大切ですから。
風水インテリアのことを信用しない人も多いかと思います。財布に黄色い紙を入れておくだけで金運アップとか、怪しい話も確かに見かけますが、風水インテリアの概念は経験的に蓄積された考えに従っていますので、実際にそれに従って作った家屋は、空気の流れなどが非常によくて湿気がたまりにくくなることが報告されています。
風水インテリアの五行の考えやまことしやかな法則に従っての家具や間取りの配置は実際のところ、理屈はともかく(笑)、健康や気持ちの改善に効果的であることが知られています。
インテリア風水の、色はどうも信じられないという人もいらっしゃいますが、色というものは人間の心理に与える影響は強いのです。それが住む人の気持ちを高揚させればそれだけでも風水インテリアの効果は十分なのではないでしょうか。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆オルビス ダイエットについて調べてみました。◆