便秘もにきびの原因になるので、食物繊維を多くとって、適度な運動をするようにします。





にきびの悩み、何歳になっても嫌ですね。
顔や胸、背中などは皮脂を分泌する脂腺が集中しているので、にきびが出来やすくなります。
特に背中にできるにきびは大人の男性が多いようです。
にきびは毛穴がつまった程度のものから、少し炎症を起こして赤くなった状態、化膿してしまった状態まで3段階に分けられます。
にきびの原因には、睡眠不足や便秘、栄養の偏った食事なども含まれます。
にきびの予防の方法としては、まず洗顔が基本。最低でも朝晩2回、こすらないように洗いましょう。
にきびで傷ついた肌を修復するためにも、12時には就寝できるように心がけましょう。
にきびの跡が残ってしまったら美容外科などに相談をしてみてください。
レーザー治療は、その人の症状に合わせたレーザーを照射することでいろいろなにきびに対応できるようにしています。
ケミカルピーリングは、化学物質によってお肌の角質層を削り取る治療の方法で、にきび跡(クレーター)を目立たなくする効果があるものです。
以前はビタミンC誘導体療法を行なっている皮膚科も少なかったのですが、最近は補助的なにきびケアとして多くの病院で実施されています。
基本的なことですが、にきびができたら、炎症ができないようにできるだけ触らないようにしましょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆キウイダイエットがちょっと気になっています。◆