エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。





エッセンシャルオイル(精油)とは、香りの強い、あるいは独特な香りの自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。アロマセラピーが盛んになった1985年ごろから日本でも話題に登るようになりましたね。
エッセンシャルオイルは強烈な力を持つ香りの成分ですから、きちんとアロマセラピーに用いることでさまざまな効能を見せてくれます。
エッセンシャルオイルの抽出方法は加熱だったり圧搾だったりさまざまなのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。
つまり花びらから圧搾するジャスミンのエッセンシャルオイルはごく少量を作製するだけでも非常に高価な品物になります。極端に安いジャスミンのエッセンシャルオイルには注意してください。
雑貨店などで安い値段でそれ風のビンに入れてエッセンシャルオイルを装って売ってある香り付けしたオイルは通常、合成香料やアルコールなどが入っていますので、エッセンシャルオイルとは呼べませんし、アロマテラピーに使用することはできません。
さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?
ジャスミンの原産地はスイスですが、今では北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。数メートル程度に育つ潅木です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。ちょっと古いのですが、昔の杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは~♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。
現在世界中で主にアロマセラピーに用いられているエッセンシャルオイル(精油)は100種類以上あると言われています。アロマセラピストたちはこれをもちろんすべて記憶していて駆使するのですが、それぞれにかなり個性がありますが、香りの強さや効能などで大まかなグループわけがなされたりします。
ジャスミンはこれらのエッセンシャルオイルの中でも、その香りにしろ医学的な効能にしろ、実際に使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ別の、でも良く知られた代表的な効能はインドなどでは古くから宮殿で使われていたように、実は催淫効果があるのです。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには媚薬や鎮静剤としての効果のほかにも子宮の収縮を促進してくれるので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆産後 ダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆