骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。





産後と切り離せないのがダイエットですね。
妊娠前の服が着れないとか、二の腕が太くなったなど、お悩みも色々です。
妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。
それから、お腹が大きくなるせいで体をねじったりがしにくくなり、動作もゆっくりになります。
それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
おまけに、骨盤が一時的に開いた状態なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。
後から体調を崩してしまったり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットではカロリー摂取のカットだけではなく、基礎代謝をあげることが大切なのです。
授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
産後の体の回復を考えながら、2~3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆goo ダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆