これまで、ドラゴンクエストシリーズには「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回の「ドラゴンクエスト9」は「8」に続く本編シリーズです。





ドラゴンクエスト9がいよいよ今年中に発売されますね。これまでの“ドラクエ”とは違うどんな楽しさが待っているのでしょうか?
ドラゴンクエストは名実共に日本を代表するロールプレイングゲームです。このゲームの発売日には全国各地の販売店には行列ができ、社会的に大騒ぎになるほどの影響力をもったゲームです。
今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作ですが、外伝的な作品も入れるとシリーズの売り上げ本数は約4100万本にのぼります。
本編シリーズとしては初のニンテンドーDS用の作品となる「ドラゴンクエスト9」ですが、やはり家庭用機での作品とはちがう楽しみ方もできるようです。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
ワイヤレス機能を使えば、友達と一緒にドラクエワールドで冒険することができてしまいますが、「本編」シリーズですから1人でも十分楽しめるのはもちろんです。
制作スタッフは、シナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が担当するという、今回も変わらない布陣なので、きっと期待を裏切らないでしょう。
ドラゴンクエストの魅力のひとつにあの音楽がありますが、作曲家のすぎやまこういち氏は「死ぬまでドラクエの音楽を作ります!」宣言しています。
ゲームの内容が気になりますが、全体としてはこれまでのコマンド選択による戦闘とは大きく異なって、上から見た俯瞰視点でのアクションRPGという色が強いようです。
ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで呪文をかけることができるというのも、ニンテンドーDSらしいところです。
着替えると3Dのキャラクターの外見が変わったりするので、ネットワークで友達と遊ぶ時にもビジュアルを変えて目立ってみてはどうでしょう?
ドラゴンクエスト9をニンテンドーDSで出すことでこれまではあまりゲームをしなかった新たなユーザー層も増えるのではないでしょうか?



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆レコーディングダイエットについて調べてみました。◆