マンションの査定額というのは、あくまでも目安ですから、査定額を上げようとして隠し事をしたりすると、後から売買の取り消しや、最悪の場合には訴訟問題に発展することもあります。





マンション査定とは、マンションを売却する際にどれくらいの金額で売れるのかを査定してもらうことを言います。また、マンションを担保に融資を受ける際の融資額を決めるときにも必要になります。
マンション査定が重要なのは、所有者は少しでも高く売りたいと考えるものなので、あまりに相場や実情とかけ離れた価格を付けてしまわないためです。
そこでマンション査定の専門業者に頼むわけです。マンション査定は、まずネットや電話で依頼をした後に実際に訪問をして査定をしてもらいましょう。
マンション査定にはいくつかの方法があります。まず、取引事例比較法ですが、まず実際に売買されたマンション=事例マンションを探し、不動産近代化センターの「中古マンションの値付け法」マニュアルを参考にして価格を割り出します。
次に原価法ですが、今、まったく同じマンションを同じ土地に建てた場合、どのくらいのお金がかかるかを調べ、築年数分の価値の低下を織り込んで、不動産の価値を推定していく方法です。
そして、収益還元法です。これはマンションが将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の合計額から経費などを差し引いて経済価値を算定する方法です。
ここでマンション査定において気をつけるポイントを考えて見ます。なんといっても大切なのが業者の選び方です。査定価格も依頼する業者によって違いがあるものです。
高い査定額をつけてくれる業者は魅力がありますが、購入希望者が「高すぎる」と思うような価格では意味がありませんから気をつけてください。
マンション査定業者は大手を選ぶべきか、地元の業者が良いかは意見の分かれるところです。地元の業者はその地域を熟知しているという長所があるからです。
マンションの査定額というのは、あくまでも目安と考えてください。ひとつの業者からの査定だけで判断せずに何社か依頼をした方が相場をつかみやすくなるでしょう。
マンション査定を有利にしてもらうためには、時間的な余裕を持つことが必要でしょう。長期的に待つことができるのなら、多少高くても買い手が現れるかもしれません。
また、壁紙を張り替えるのは費用もそれほどかからずに印象が変わるほどきれいになりますので、査定にもプラスになるでしょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ウエスト ダイエットについてご存知でしたか?◆