郵便局の学資保険がいいのか、アメリカンファミリー生命のこども保険がいいのか、それともCMが気になる住友生命がいいのか、どれにするか悩んでいますか?基本に戻って目的を考えてくださいね。





郵便局の学資保険は制度としての歴史も長いし、祖父母の代も使っていたからとお子様のこども保険(学資保険)の検討の第一候補に郵便局の学資保険を上げる人は多いはずです。
郵便局の学資保険以外にも似たような仕組みの子供保険はいくつかあります。有名なところではソニー生命、アメリカンファミリー生命、住友生命などで、それぞれ少しずつ条件が異なりますが、一体どれがいいのでしょうか?
郵便局の学資保険がなんのかんの言いながら有名なだけにいいのか、それともそれに対抗してがんばっているソニー生命のこども保険がいいのか、悩みますよね。逆に質問しますけど、そもそもあなたは何のために学資保険に入るのですか?学資保険にはみんなが入っているらしいからなんとなく、ではどれがいいのか決められないです。
郵便局のこども貯金のイメージで、将来の学資の分を小さい頃からコツコツ溜めて満期になればそれ以上の額に利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。郵便局の学資保険の場合は利率が低い方で、満期で戻るお金は元金割れします。民間はほとんどが元金より多く帰ってきます。
こども保険が定期預金や積立預金より優れているのはもしものときの対応ですよね、保険ですから。郵便局の学資保険もお子さんの怪我や病気、内容により額は異なりますが支払われます。
学資保険のもっとも特徴となる性格の、高校入学時や大学入学時の年齢に(浪人は個人の問題ですから)積み立てたお金の一部を入学金などの学資として満期前に支払ってくれる、そういう満期前支払い契約内容があって人気があるのですね。
学資保険、イメージつかめましたか?どの項目を優先するかであなたが郵便局の学資保険のどのプランを選ぶべきかが異なります。他の会社のこども保険を選ぶ場合もそうです。まずあなたの希望に順位をつけてください。
こども保険に本来の保険としての役割を期待するのか、それとも満期での支払いの貯蓄性を優先するのか、それとも進学時の学費支給を期待するのかで選ぶものが異なります。
学資保険に貯蓄性を優先するのであれば、最終的な支払額をきちんと計算して選ぶことと、入学時の一時支払い金を小さくすることなどが考えられますね。
郵便局や生保会社に資料を請求して比較してみればわかりますが、利率はそれほど高くありません。その中での比較と検討ということになります。貯蓄性を優先する場合には、支払いや返還の金額の計算はもちろんのこと、子供保険や学資保険は基本的に固定利回りであることを確認しておいてください。景気がよくなっても利率アップはありません。
もしもあなたの家庭で、お子さんにかけるこども保険は貯蓄ではなくて保険であると考えた場合、特約などで手厚い保障をつけようと考えるかもしれませんが、ちょっと待ってくださいね。保護者である父親や母親の生命保険による保障の枠もよく確認してくださいね。子供の分の事故や病気も想定されて計算されていることがあります。同じ保障内容であれば、そこに重ねて払うのは馬鹿げています。
学資保険(子供保険)を選ぶ場合、なんとなく安心でお得な気がして何も考えずに郵便局の学資保険にいきそうですが、生保会社の資料を請求して比較すればよくわかりますが、郵便局学資保険はこども保険の中では貯蓄性は一番悪くて元本割れします、それでも郵便局の方が自分にとって便利なのかどうかよく比較して選んでくださいね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット dvdにご興味ありますか?◆