会社によって契約時に必要な書類は異なりますが、一般的には身分証明書(運転免許証、健康保険証)、収入証明書(決算書又は確定申告書)、住民票、印鑑証明書・実印などです。





商工ローンは、他の融資と同じですが計画的な利用をすることが大切になります。
商工ローンというのは、個人向けの消費者金融とは区別され、特に中小企業の事業者を対象に運転資金の調達などの貸付を行なうものです。
商工ローンというと、以前は40%という高利が問題になり、2000年6月の出資法では29.2%の上限金利に制限されています。各社とも、イメージ回復のために「ビジネスローン」等の商品名を使うことが多くなっています。
商工ローンの特徴としては、審査が簡単なため、融資までの期間も短くなっています。事業者が急な資金繰りに活用することがほとんどでしょう。
金融機関や銀行から返済能力がないと判断されて融資を断られた場合にも、商工ローンなら連帯保証人を複数つけることで審査が通るのです。
商工ローンには担保を必要としない無担保をはじめ、不動産担保融資、商業手形、株券担保融資、小切手割引、ゴルフ会員権担保などを担保に50万円の小口から3000万円程度の大口までの融資もあります。
個人が事業者の保証人になる場合、一定金額の借り入れに対しての保証を頼まれたつもりが、過去の借り入れだけでなく将来発生する借り入れに対しても保証することになっていることが多いのです。
また、商工ローンの貸付金利は高金利で,本来の利息に加えて,保証料や調査料の名目で取られるのでトータルで30~40%になります。
商工ローンは長期で大型の方が金利的には安くなりますが、一時的な運転資金など短期の借り入れで利用するのがうまく利用するコツと言えます。
商工ローンの申し込みには身分を証明できる書類(免許証・パスポート)などだけで手続きをすることができます。
契約をする際には、身分証明書(運転免許証、健康保険証)、収入証明書(決算書又は確定申告書)、住民票、印鑑証明書・実印などが必要で細かくは会社によって差があります。
商工ローンの会社を選ぶのにも、金利や審査の簡単さ、融資額などのポイントがあります。また、最近は保証人不用のローンもあります。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ランニング ダイエットにご興味ありますか?◆