具体的な例に触れる前に、風水の基本の考え方である五行について知っておいた方がいいでしょう。風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。





風水インテリアという言葉を見たり聞いたりすること、今では当たり前ですね。笑顔の怪しいドクターコパなんて方も有名ですね。一時期はうんざりするほど(失礼!)毎日お見かけしました。風水インテリアとは一戸建ての間取り、屋内やマンションの室内のインテリアを風水に従って配置することでその空間の気の流れを改善しようというものです。
風水インテリアは古代中国の遺産である風水の考えに基づいてインテリア配置を考えるものです、といっても風水についてご存知でしょうか?風水から少し説明しましょう。
風水とは歴史を省みて国家や都市の栄枯盛衰を見たときに風水、つまり地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。
風水に従って、古代中国の王都は場所を定められました。しかし現代日本でそれが不可能なのは東京や大阪に限らずどこも同じです。
でも、実は京都の家では昔から家単位で風水は考えられてきていました。家の鬼門の方角にはへこみを作って木を植えるというのはまさしくそれです。その室内版が風水インテリアですね。
西洋の考え方ではバイオリズムというのですが、人にはそれぞれ固有の運気という調子のよさの変動があります。インテリア風水はそれを整えてくれるのです。日常生活を送る上であなたの運気アップのためになくてはならないものであり、風水をインテリア配置に取り入れることによって運気UPにつながります。
風水の具体的な例はその場所それぞれでずいぶん違います。でも、基本的な考え方を理解してしまえば、どのようなケースにも応用できます、風水の基本の基本に五行という考え方があります。
風水インテリアで家具の配置を決めるときには、家具の特性に従ってそれを行う必要があります。五行とは世界の抗生物質をすべて五つの種類に分けて考えるもので、それぞれの特性別に家具を分類するのが風水インテリアの基本です。
たとえば、家具の素材や置いている場所、その色の組み合わせ、花の種類、色、飾りかたやインテリア雑貨の配置の仕方もすべて、家の中に良い気を創るためには調和の取れた五行の組み合わせ、これを確認して行うことが重要なのです。
風水インテリアなんてドクターコパの金儲けの陰謀だ、と思う人も多いと思いますが(私もそうでした)、実は風水インテリアを家屋内に当てはめると、実際に家屋内の空気の流れがよくなることが多いのです。
風水の考え方でインテリアや装飾品や電化製品を配置することで病気がよくなったがいます。その中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった人なども含まれています。夏には夏の風水、冬には冬の風水でまめな配置換えが健康によい空気の流れを作ってくれるようです。
風水インテリアの効果を最大に出すのは実は住んでいる人の気持ちの持ちようです。あなた自身が心から幸運になろうという気持ちをしっかり持ってください。そのときに風水インテリアの家具配置があなたの気持ちをさらに快適な部分へと運んでくれるでしょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆モデル ダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆