そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。





エッセンシャルオイル(精油)とは、自然植物の花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などから取り出した天然成分で、その植物の香りが凝縮されています。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、薬に匹敵する効果を持ちます。ヨーロッパでは医療資格の一部でもあるアロマセラピストによるアロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの取り出し方はさまざまですが、ジャスミンのように花びらからとる場合にはたくさんの花びらからごく少ししか取れないので非常に高価なものになりがちです。
ジャスミンのエッセンシャルオイルが高価なのはそのような理由があるのですね。小さなビンにほんのちょっと入った天然エキスは、数千円するのが当たり前です。安い場合は注意してください。
本当の植物だけを原料とした、天然純度100%のものだけが「エッセンシャルオイル(精油)」と呼ばれるのですが、困ったことに中には何らかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せて人間の手によって作られたりしたものも出回ります。
エッセンシャルオイルに具体的には、たとえばジャスミンの天然エッセンシャルオイルでは、それでは実際にはどのような効能を持っていて、どのような用途に用いられるのでしょうか?
ジャスミンと言う言葉の響きは、日本人には柔らかい印象を与えてくれます。アニメの女の子のキャラクターだとか、女の子女の子した印象がありますね。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)と言い、北アフリカやイタリアで主に生産されています。
ジャスミンだけでなく、エッセンシャルオイルは工業用ならば数百種類、アロマセラピーに用いられる純度の高いものでも100種類以上が使われています。そしてそのエッセンシャルオイルは用途だけでなく、もともとの精油の性質に応じて取り扱いの危険度による分類がなされます。
やさしい響きでフローラル系のジャスミンですが、アレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。
ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。
ジャスミンエッセンシャルオイルの持つ代表的な効能は実は催淫効果です。そうです、あの香りは女性に性的興奮をもたらす効能があるとして古くから知られているのです。泌尿器系の機能回復効果、男性の場合はEDにもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的です。
ジャスミンエッセンシャルオイルには媚薬や鎮静剤としての効果のほかにも子宮の収縮を促進してくれるので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット dvdについて調べてみました。◆