視力回復の仕方にも、目の筋力を高めるトレーニングや、レーシック、寝るときに着ける視力回復コンタクトとたくさんの方法があります。





視力回復といえば、あなたはどんなことを思い浮かべるでしょう?
視力回復と一言でいっても、実はトレーニングや針治療、レーシックやサプリメントとその種類も様々です。
もちろん、目の状態によってあなたにぴったりの視力回復法も変わってきます。
それでは、近視はなぜ起こるのでしょうか?
目には水晶体というレンズの役目をしている部分があります。近くを見るときは膨らみ、遠くを見るときには薄くなるのですが、近くばかりを見ていると水晶体の弾力がなくなるのです。
パソコンや、テレビゲーム、携帯メールなど私たちの周りには近視の原因になるものがあふれています。
近視について信じられていることの中には、必ずしも本当ではないこともあるようです。
例えば、「親が近視なので」という人。確かに生まれつき目が悪い方もいますが、実はほんの5%程度です。
また、メガネやコンタクトレンズを常用するのも、自然治癒力を弱めてしまい、近視の進行を早めます。
目にも自然治癒力がありますから、10代のころなら視力回復トレーニングを受けてみるのも良いかもしれません。
日帰りで1.5の視力にまで回復することも可能なレーシックなどのレーザー治療を受ける人もずいぶん多くなりました。
ただし、いくら視力回復の治療をしても、原因となる生活習慣が変わらないことにはまた元に戻ってしまいますので、一度見直してみると良いでしょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆玄米 ダイエットがちょっと気になっています。◆