このように世界中に存在して、地域によって個性の豊かなアロワナですが、残念ながら一番美しいアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。





アロワナ、数千万年前から基本的なフォルムが変わらない、つまりすでに完成していたこの魚は、単なる観賞魚というにはあまりに荘厳で美しく、他の観賞用の熱帯魚とは一線を画す存在といっても過言ではありません。
この古代魚の帝王アロワナですが、淡水魚なのに、不思議なことに世界数箇所の熱帯域に独立に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。
どれもよく似た形ですが、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。
世界中に存在して、地域によって個性のあるアロワナですが、残念ながらアジアアロワナの野生の個体は現在、日本はおろか世界中で手に入れることはできません。
アジアアロワナの美しさは、どちらかと言えば彼らにとって不幸なことでした。先進国の愛好家に観賞用として高価で売れることから乱獲が後を絶たなかったのです。もともとの生息数も少なかったので激減したのです。
現在では有名なワシントン条約によって保護される貴重な生物の一部として世界中あらゆる国家間での輸出入に厳しい制限をかけられています。当然ながら、野生のアジアアロワナが日本へ新しく来ることはありません。
ところが面白いことにですね、実はじつは、アジアアロワナは日本に定期的に輸入され、販売されているのです。ペットショップで合法的に買えます。
そうした危機的な状況が訪れる少し前にアジアアロワナの希少価値に目をつけたのは東南アジアの華僑たちでした。彼らの手によってアジアアロワナの養殖が始まり、大量生産とは行きませんが、日本にもコンスタントに輸出されるようになりました。
アジアアロワナにはさまざまなカラーバリエーションがあるので有名です。同じ品種でも個体によって美しいものとそうでないものがありますが、養殖では美しいものが選抜されて育てられたために、今では美しい魚体が確実に手に入ると言う利点があります。
アジアアロワナの色の基本形は次のようになります。『紅龍(スーパーレッド)』『過背金龍(マレーシアゴールデン)』『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』という、その色と地域で5種類に分類されていますが、希少価値と美しさでその値段は大きく変わります。
もちろん、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、アジアアロワナの養殖には生半可ではなく大変な手間がかかっています。
ということで養殖とはいえ、華僑の業者から提供されるアジアアロワナは生産管理も大変なことから決して安く手に入る魚ではありません。例えば過背金龍は30万円から300万円と、とんでもない値段です。生きる宝石といってもいい。でも、それだけの魅力がアジアアロワナにはあるのですね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆短期 ダイエットをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆