水分補充に関してもアイビーの鉢土の表面が乾いたら、たっぷり。ヘゴ仕立て(支柱にからませてあるもの)のものは、ヘゴにも、水をかけます。





観葉植物は最近では置いてあるほうが当たり前になってきました。病院や役所は言うに及ばず、事務系のオフィスの中でも良く見かけますね。
風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。
観葉植物の効果は風水もあるのかも知れませんが、その自然な緑色の存在は人間の心に安らぎを与えるそうです。
観葉植物の中でも特にアイビーなどは育てやすいこと、愛らしいこともあって、日本でも外国でもとても愛されている観葉植物です。その育て方や人との関わりについてちょっと見てみましょうか。
アイビーはヨーロッパ原産のつた系の植物で、低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。
アイビーのよいところは、暖かすぎる室内でも寒い室外でも、ぎらぎら直射日光の日向でも北側の日陰でも、耐えられる、日照を気にしないでいいというところです。
アイビーは上述のように本当に育てやすい、丈夫な観葉植物なので、一年中外に放っておいても大丈夫なのですが、枯れはしないのですが、霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
アイビーは水が少なくても多くてもなんとか対応してくれます。ハイドロカルチャーもできるし、ほんとうに適応力が高いです。
つた系の観葉植物の手入れとしてはアイビーだけでなく、ポトスなどもそうなのですが、あまり、葉が混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。
観葉植物というだけでなく、アイビーは倉敷アイビースクエアなど、観光地でも有名なように、愛らしい葉っぱがいろんな世代から愛されている観葉植物です。
そういった有名なアイビーつきの施設、つまり倉敷アイビースクエアなどではアイビーはもちろん建物の外を覆っていますし、春夏秋冬で霜や直射日光にやられて赤くなったり黄色くなったりします。
屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆骨盤ダイエットにご興味ありますか?◆