ソール選びは最後に回しましたが、フットサルシューズを決める上でもっとも大事なポイントです。様々な素材やソールパターンがそれぞれ何に対応するのかを知らないで買うと「その靴はこのコートに入れません。」って、泣きを見るのでしっかり学んでから買ってください。





フットサルシューズを買いに行って、何がなんだか決められなくて帰ってきた方いませんか?私がそうでした。フットサルシューズ選びの基本的な考え方についてここで説明しますね。もちろん基本だけですから、お店の人とも話してくださいね。
フットサルは今では日本各地に専用コートが存在するほど人気のスポーツです。フットサルはサッカーとは異なる狭いコートでの立体的な戦いですから、ボールをつかむ足裏やつま先の感覚が極めて大事な競技です。
フットサルコートは屋内の体育館が基本なのですが、テニスコートをフットサルコートに改造したような場所も少なくありません。ほとんどのフットサルプレーヤーにとってフットサルはしたがって板張り、人工芝、土の上でプレーすることになります。
フットサルシューズ選びのポイントは大まかに二つです。自分の足裏やつま先の感覚ができるだけダイレクトにボールに伝わるフットサルシューズであること。そしてあなたが普段プレーするフットサルコートの状況に応じたソールのフットサルシューズを選ぶことです。
フットサルシューズを選ぶときに、なかなか足にあったサイズがなくて悩む方は多いと思います。フットサルシューズは足にぴったりフィットして、しかも日本人が悩む横幅ではなくて、たてのサイズがジャストフィットのフットサルシューズであることをまず優先してください。
フットサルシューズ選びの次の段階は、素材選びに行きましょうか。一番のお勧めはやはり天然皮革アッパーのフットサルシューズになります。使い込めば使い込むほど、素足の感覚に近いものになるはずです。天然皮革は野球のグローブや革ジャンの場合同様、メンテナンスをきちんとするのが天然皮革のフットサルシューズを手に入れる前提ではありますが、きちんとしていれば天然皮革はあなたの足の形にフィットする伸縮性があります
合成皮革のフットサルシューズは天然皮革と異なって安価で丈夫ですので、メーカー市販のフットサルシューズがあなたの足とぴったり合うのであればお勧めです。しかし合成皮革は伸縮性がほとんどないので、融通が利かないことは忘れないでください。ちょっとでもしっくりこなければお勧めできません。
フットサルシューズのアッパーの素材として海外のメーカーからも最近多いのは布やメッシュ素材です。室内で使われることを考えれば、皮革の丈夫さはあえて必要ということではありませんし、専用フットサルシューズのオーダーもしやすいので人気があります。
フットサルシューズの選び方が他の競技用のシューズに比べて非常にたくさんあるのはソールの素材のバリエーションが豊富だからです。フットサルをどんなコートでプレーするかによって選択肢が限られますので、間違わないように買いましょう。
フットサルコートの公式戦は体育館の中で、しかもクッションの効いた床素材で行われることが多いのですが、この場合、フットサルシューズのソールは平底、あるいは波底といわれる薄いゴムの素材が有利です。足裏の感覚が素足のように伝わりますからボールコントロールは抜群になります。ただ、クッションがない分、足を痛めることもあり、フットサルで何を優先するかはよく考えて選ぶ必要があります。
屋外でのフットサルプレーにはサッカー用シューズや、それに近いスパイクの付いた靴でグリップ重視ということになります。フットサルに大切な足裏でのボールコントロールはできませんのでトリッキーなプレーが見たいファンががっかりするかもしれませんけど、ってそんなハイレベルじゃないですね(笑)。人工芝用のモデルもあります。
フットサルシューズの選び方の基本概念だけを説明しました。ここで挙げたフットサルシューズの分類方法は基本で、実際はどの範疇にも入りにくいクロスしたシューズが増えています。実際にフットサルシューズを手にとって足に履き、比較した上でこういうところで(笑)ネットで安く買うのがお勧めです。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日はお酢 ダイエットについてです。◆