最初に言ったように、必要なのは壁を二人で認め合うことと、それを二人で克服しようと努力しているとお互いにお互いを認識することです。これによって、それをしている相手に感謝を忘れずに、思いやること。これを常に続ける根気を持つだけで、言葉の壁はきっと低くなります。がんばって、国際カップルさんたち。





国際結婚はあなたの友人や、地域社会、あるいは親戚などにもみかけるような、あるいはこれからも起こりうる当たり前の出来事になってきましたね。
国際結婚と言うと必ず思い浮かぶアメリカや韓国の方との国際結婚も多いのですが、ここ数年で最も多いのは中国の女性と日本の男性との国際結婚でしょうか。
そういう国際結婚の大部分は日本では人気のない農業などのハードな職業の男性の下にお嫁さんが来るパターンですね。お互いに望んでの結婚なので、前向きに取り組んでいます。
でも国際結婚といえば普通のことではありませんから、障壁は多いものです。まず問題はその手続き、保険や年金など、事務的な手続きの煩雑さでしょう。これは初めてのケースですから、気になってその解決に走り回ります
そうですね、事務的な手続きが終われば、次は生活習慣やものの考え方の違いから来る衝突でしょうか。これには時間をかけて慣れていくしかありません、お互いが。でも、もっとも問題となるのは言葉の障壁でしょう。
はたして自分が言ったことは相手に正確に伝わっているか、逆に自分は相手の言うことをきちんと理解できているのか……。時間が経つほどに段々ずしりずしりと気になってくるものです。
これは静かに、ボディーブローのように次第に効いてきます。幸せな結婚生活に段々不安が募ってくるのです。
でも、思いませんか?たかが言葉が通じないことが障壁となってあきらめるぐらいなら(最大の壁ではありますが^^;)、最初からこの結婚には望まなかったはずだ!そう思いませんか?
言葉の壁は難しい敵です。静かなだけに厄介なのです。幾多の困難を乗り越えようとする日本と外国の国際カップルに重くのしかかりますが、これを克服するにはどうすればいいのでしょうか。
何とかその壁を無くしたい!と思うのはわかりますが、この壁ばかりは、永遠にあるものなのだと腹をくくってしまったほうが、かえって目標が見えやすく、対策も立てやすくなります。
次に大切なのは二人でともに取り組むことです。相手の言葉を理解するために一方だけが負担しているケースは非常に多いのですが、お互いに相手の国の言葉で話す努力は必須です。
そして、お互いを認識して、努力する相手への感謝を忘れずに、思いやりの心をもって接すること、そしてそれを常にまず念頭に置く根気を持つこと。地味ですが、これこそが言葉の壁を越える力だと思います。がんばれ、国際結婚カップル!



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ダイエット サプリのことがなんとなく気になりませんか?◆