郵便局の学資保険は日本でも最も歴史の古いこども保険(学資保険)の中のひとつですね。お子様のこども保険(学資保険)加入を検討されているご両親が真っ先に検討するのが郵便局の学資保険でしょう。





郵便局の学資保険は、あの巨大資本の郵便局が運営するのだから安心だと、簡易保険の中から郵便局の学資保険を選び出してお子様を加入させようと考えている方は多いと思います。
学資保険といえばもっぱら郵便局の学資保険というイメージがありますが、そういう商品はけっこう多くて実際には様々な保険会社が子供向けの保険を販売しています。これらの保険はそれぞれに少しずつ違い、特徴があります。
こども保険にいろいろあるのはわかりますが、いったいどれを選べばいいのでしょうか?逆にお尋ねしますが、郵便局の学資保険を初めとする子供保険にあなたはいったい何を目的として入るのでしょうか?目的を明確にすれば、どの子供保険が自分たちに適しているかは自明です。
郵便局のこども貯金のイメージで、将来の学資の分を小さい頃からコツコツ溜めて満期になればそれ以上の額に利子が付いて戻ってくるという幻想を抱いていらっしゃる方、目を覚ましてください(笑)。郵便局の学資保険の場合は利率が低い方で、満期で戻るお金は元金割れします。民間はほとんどが元金より多く帰ってきます。
子供保険の方が預金より優れている点は、病気や怪我、不幸にしてお父さんやお子さんがなくなったりした、そういったもしものときに必要なお金が支払ってもらえることですね。
郵便局の学資保険では名称どおりに、進学の際に15歳、18歳などで一時金が支払われるようになっています。それで満期の積み立て額が少なくなるわけですが、入学時のもの入りには助かりますよね。
郵便局の学資保険にしろこども保険について概略はつかめましたでしょうか?郵便局学資保険にしろ生保会社こども保険にしろ、いずれも保険なのですから、他の金融商品、国債やファンドなどの高利回り商品と比較するという考えは捨てたほうがいいと思います。学資保険でお金を増やすことを望むのではなくて、それよりもこども保険に何を求めるかの選択が必要です。
こども保険に本来の保険としての病気や怪我のときの保障の役割を期待するのか、それとも満期での支払いの貯蓄性をもっとも優先するのか、それとも年齢対応の進学時の学費支給を期待するのか(子供が多い場合は実に助かります)で選ぶものが異なります。
学資保険に子供の将来のために最終的に返ってくるお金を充てる、貯蓄性をもっとも優先するのであれば、最終的な支払額と返還額をきちんと計算して少しでも得するもの選ぶことと、入学時の一時支払い金を小さくすることなどが考えられますね。
貯蓄性を優先する場合には、金額の計算はもちろんのこと、子供保険や学資保険は基本的に固定利回りであることを確認しておいてください。景気がよくなっても利率アップはありません。
こども保険は貯蓄ではなくて保険であると考えた場合、父親や母親の生命保険による保障の枠もよく確認してくださいね。同じ保障内容であれば、そこに重ねて払うのは馬鹿げています。
郵便局の学資保険にしろ何にしろこども保険は、22歳満期などの期日が来れば保険は切れますから、その先のお子さんの保険をどうするかも考えて、いろいろ考え合わせた中から学資保険を選ぶようにしましょう。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆ストレッチ ダイエットについてご存知でしたか?◆






世界一伸びるストレッチ

価格: 1,404円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ