国際結婚はあなたの友人や、地域社会、あるいは親戚などにもみかけるような、あるいはこれからも起こりうる当たり前の出来事になってきましたね。





国際結婚しているカップルはあなたの身の回りにどのぐらいいますか?世界中を飛び回るような仕事の人だけだと思っていた国際結婚ですが、最近は日本中にさまざまなカップルを見かけます。
身近な国である韓国の方との国際結婚がやはり多いのですが、最近増えているのは中国の方との国際結婚です。他にもロシアやタイ、フィリピンなどさまざまな国の女性と日本男性の国際結婚が増えています。
日本ではなかなかお嫁さんの来ない職業があります。例えば農家ですが、こういうところの男性の下に、そういう国の女性がお嫁さんとして嫁いでくるパターンですね。でも、お互いに新しい人生に向けて前向きな夫婦が多いようです。
でも国際結婚といえば障壁は多いものです。最初はその手続き、保険や年金など、事務的な手続きの煩雑さがどうしても気になってその解決に走り回ります
そうですね、事務的な手続きが終われば、次は生活習慣やものの考え方の違いから来る衝突でしょうか。これには時間をかけて慣れていくしかありません、お互いが。でも、もっとも問題となるのは言葉の障壁でしょう。
結婚と言う新しい生活のスタートに興奮し、最初は勢いでスタートしてみたものの、まだ語学が堪能でない、言いたいことがうまく外国語で伝えられないなど、コミュニケーション不足の悩みは尽きません。
言葉の壁はコミュニケーションの壁です。これが毎日積み重なると怖いのです。きらきら輝くように始まった結婚生活が、次第に重く、暗いものへと変わっていくのですから。
でも、そんなことでこの恋を、憧れだった結婚生活を中断させたくない、一生添い遂げたいんだと言う強い情熱をきっとみなさんお持ちでしょう。
この言葉の壁は事務手続きや生活習慣の悩みなどの幾多の困難を乗り越えようとしてきた国際カップルに静かに重くのしかかりますが、これを克服するにはどうすればいいのでしょうか。
国際結婚はまったく違う言葉で育った二人の結婚ですから、「壁」は絶対に存在するもの、まずそれを認めましょう。でも壁は低くできるはずです。
そして壁が高くなるか低くなるかは、2人の協力次第なのです。うまくいけば、「言葉の壁」は「恋愛の壁」にはならないどころか、2人の絆はかえって深まるかもしれません。
壁を認めて、二人で協力、つまり、事実を認識してお互いに思いやる心を忘れずに、そして常に相手に対して感謝の気持ちを忘れないでいること、根気を持つことが、おそらく言葉の壁を越えるための最高の方法です。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆腸もみダイエットについて調べてみました。◆